自動照射型鳥獣対策用LED照明を開発 パイフォトニクス 内閣府の実証実験PJ成果を実用化

2022/07/08

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

光パターン形成LED照明「ホロライト・シリーズ」の開発・製造・販売を手掛けるパイフォトニクスは、「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2021」において、自治体(茨城県つくば市・愛知県・佐賀県鹿島市)と中部電力パワーグリッドらと連携して実施した実証実験プロジェクト成果を実用化した自動照射型鳥獣対策用LED照明「ホロライト・チェッカーズ・シリーズ」を開発した。
鳥獣被害 鳥獣被害対策 パイフォトニクス ホロライト・チェッカーズ」シリーズ市松模様(チェッカーパターン)の光を高速に反転照射し特許出願済である光による鳥獣の追い払いを実現する「ホロライト・チェッカーズ」とセンシング技術を組み合わせた同装置により、鳥獣の接近にあわせて光を自動で照射することができる。3種類の光パターンがあり、ムクドリやカラスなどの鳥類やイノシシについて追い払いの有用性が確認されている。7月4日から鳥獣による騒音や糞被害、農作物被害を受けている市町村や鳥獣被害対策を進めている企業や研究者の実験用途向けにレンタル受注を開始する。

パイフォトニクスは、2021年4月に携帯型鳥獣対策用LED照明「ホロライト・チェッカーズ」のレンタル提供を開始している。この装置はムクドリ対策に大きな効果を発揮する一方で、人手が必要となる携帯型では、光刺激に対する獣の予期せぬ行動で怪我や事故の危険性があるとして、獣害現場での使用が難しいという課題があった。

そこで、2020年に浜松市のデータ連携基盤を活用した実証実験プロジェクト「Hamamatsu ORI-Project」で自動制御型のホロライトから定期的に光を照射する実験を実施。2021年の秋に内閣府の公募型企画「オープンイノベーションチャレンジ」において、茨城県つくば市のイノシシ接近防止対策と愛知県のカモの追い払い対策の2つの社会課題のテーマで同社が提案した光を用いた対策が採択され、自治体および中部電力パワーグリッドと連携して実証実験を行った。

鳥獣被害 鳥獣被害対策 パイフォトニクス ホロライト・チェッカーズ」シリーズ

(写真左)「ホロライト・ストライプライン」による海上カモ実験の様子。
(写真右)「ホロライト・スキャンライン」によるイノシシ実験の様子。

イノシシ接近防止対策の実証実験では、中部電力パワーグリッドのIoTサービス(らくモニシリーズ)とホロライトを連携して、イノシシがホロライトの光により退避行動をする映像を記録。これらの実証実験の結果、ホロライトの光による鳥獣被害対策の有用性を確認し、この度、実験用途向けとして自動照射型のレンタル受注を開始することとなった。

同製品の特長は大きく3つある。1つは、無音・無臭・安全であること。光による追い払いは無侵襲で安全な対策を実現する。対策による騒音や異臭などの不快感をなくして住環境への影響を最小限に抑えることができる。

鳥獣被害 鳥獣被害対策 パイフォトニクス ホロライト・チェッカーズ」シリーズ

設置イメージ。

2つめは、センシング技術との連動による自動照射。ホロライトと人感センサーが連動する仕組みになっており、鳥獣の接近にあわせて光を照射する。設置後は光照射に関しての人手が不要となる。

3つめは、光パターンを選択できること。ドット状の強い光が特長の市松型光パターン「ホロライト・チェッカーズ」、広範囲な光が特長の縞直線型光パターン「ホロライト・ストライプライン」、広範囲で迫ってくる光が特長の走査直線型光パターン「ホロライト・スキャンライン」の3種類から目的に応じて最適な光を選ぶことができる。

鳥獣被害 鳥獣被害対策 パイフォトニクス ホロライト・チェッカーズ」シリーズ

外観写真・製品仕様。

農林水産省によると2020年度の野生鳥獣による農作物被害額は約161億円。鳥獣被害は営農意欲の減退、耕作放棄・離農の増加など被害額として数字に表れる以上に農山漁村に深刻な影響を及ぼしているとし、さまざまな対策を支援している。同製品についての詳細は、同社に問い合わせのこと。

携帯型鳥獣対策用LED照明「ホロライト・チェッカーズ」シリーズ
パイフォトニクス