いもち病、紋枯病に効くミネクトフォルスターSC

2022/04/05

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農薬 シンジェンタジャパン いもち病 紋枯病 ミネクトフォルスターSC
シンジェンタジャパンは、1月26日に農薬登録を取得した新規水稲育苗箱用殺虫殺菌剤「ミネクトフォルスターSC」を3月23日より販売を開始した。

同剤は、幅広い害虫に活性を示す殺虫成分“シアントラニリプロール”(殺虫剤)、いもち病への効果の高い“イソチアニル”(殺菌剤)と紋枯病に卓効を示す“ペンフルフェン”(殺菌剤)の3つの有効成分を組み合わせた水稲育苗箱専用の殺虫殺菌剤。

移植10日前から移植当日まで使用でき、移植後も効果が長続きする。いもち病や主要初期害虫をはじめ、紋枯病の同時防除を実現した。

生産者がすでに持っている散布器具で育苗箱に水まき感覚で処理ができるため、非常に省力的。また、同製品1本(1L)で育苗箱200枚分の処理が可能(高密度播種栽培は100枚~200枚)だ。

高密度播種に対応し、灌注処理一回で簡単、同時に主要害虫といもち病、紋枯病をスマートに防除できる。

【製品概要】
商品名:ミネクト®フォルスターSC
農林水産省登録:第24597号
有効成分:シアントラニリプロール6.5%、イソチアニル17.4%、ペンフルフェン:17.4%
毒物及び劇物取締法:非該当
販売規格:1L
作用機構分類番号(RAC番号):殺虫剤分類28、殺菌剤分類_P3、7

シンジェンタジャパン