牛用の内外部寄生虫駆除剤を発売 住友ファーマAH

2022/04/21

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

住友ファーマアニマルヘルスは3月25日、牛用の内外部寄生虫駆除剤「エプロメック® スキンオン」を発売した。
※4月1日からDSファーマアニマルヘルスから住友ファーマアニマルヘルスに社名を変更した。

牛用寄生虫駆除剤 エプロメック スキンオン 住友ファーマアニマルヘルス エプリノメクチン

エプリノメクチンを有効成分とする、牛の内部寄生虫と外部寄生虫の駆除剤「エプロメック® スキンオン」。

「エプロメック® スキンオン」は、エプリノメクチンを有効成分とする、牛の内部寄生虫と外部寄生虫の駆除剤。有効成分のエプリノメクチンは、さまざまな内部・外部寄生虫に対して駆除効果を発揮する。内部・外部寄生虫の寄生は、牛にさまざまな影響を与え、生産性の低下を招く原因となる。寄生虫を駆除することで、栄養吸収の改善やストレスの緩和による乳量、繁殖成績など生産性の改善が期待できる。

同剤は牛の背線部にかけて使用し、牛の食用に供するための休薬期間は20日、乳の休薬期間は0日で、搾乳牛にも投与できる。

【製品概要】
製品名:エプロメック® スキンオン
成分・分量:1mLにエプリノメクチン5mgを含有する。
効能・効果:牛の下記の内部寄生虫及び外部寄生虫の駆除
牛:
・内部寄生虫
オステルターグ胃虫、クーペリア、毛様線虫、ネマトジルス、牛鞭虫、牛鉤虫及び牛肺虫
・外部寄生虫
疥癬ダニ(食皮ヒゼンダニ)、シラミ及びハジラミ
用法・用量:体重1kg当たりエプリノメクチンとして500μg(本剤として0.1mL)を1回、牛の背線部のき甲から尾根にかけて直線的に注ぐ。
包装:1L、3L、5L

住友ファーマアニマルヘルス