遮熱塗料で畜舎内の暑熱ストレスを軽減

2021/04/22

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

ミラクール ミラクールファーム 遮熱塗料 畜産 酪農省エネルギーに貢献する高日射反射率塗料(遮熱塗料)の専業メーカー・ミラクールは5月10日、畜産・酪農家向けの遮熱塗料「ミラクールファーム」を発売する。

遮熱塗料は、建物の屋根や壁に塗るだけで遮熱効果で太陽の熱から保護でき、エネルギーや空調コストを削減(=節電)でき、CO2削減で地球環境にも貢献するものとして、住宅、工場、倉庫などの建物に多数採用されている。しかし、畜産・酪農用の畜舎に対しては、価格や臭い、耐久性の問題から広く普及していなかった。同社は、それらの課題を克服した製品を開発し発売を開始する。

ミラクール ミラクールファーム 遮熱塗料 畜産 酪農

サーモカメラによる畜舎の天井写真。手前が未塗装部分、奥側がミラクールファーム塗装部分。

家畜が活発に活動できる気温(適温域)は、概ね20度前後と言われているが、体温調節機能が維持できる上限の気温(臨界温度)を超えると夏バテにより、家畜の生産性は大きく低下する。ミラクールファームは家畜の暑熱ストレスを和らげ、これまで夏場に生じていたロスを未然に防ぐようサポートする。また、オール水系で塗装工事中に臭いの心配がなく、耐久性にも優れリーズナブルだ。価格は材工単価1,500円/平米~(ケレン・足場代除く)。

問い合わせ:ミラクール☎03-5835-3521/e-mail:info@miracool.jp

ミラクールファーム
ミラクール