発芽・育苗マット専用カバー 春先の便利アイテム

2020/12/07

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

タキイ種苗は、低温期の育苗で利用される発芽・育苗マット専用のカバーを考案し12月1日より販売を開始した。

春先に植え付け適期となる品目を栽培する場合、一般平暖地では4月末から5月中旬が植え付け適期となり、そうなると種播き時期は2月下旬から3月ごろの寒い時期となる。たとえば果菜類の発芽適温は20~30度なので、苗の育苗には発芽・育苗器や発芽・育苗マットを必要とする。発芽・育苗マット(加温電気マット)は通電することで発熱し、植物に必要な温度を保ってくれる。

この発芽・育苗マットは、汚れ防止や温度維持のためビニール等で包んで使用する場合が多い。サイズはさまざまだが0.5坪タイプのマットでさえシングルベッドサイズほどを使用すると考えると、マットをビニールで包む作業は思ったよりも重労働で時間がかかるもの。そんな作業を時間短縮してくれるのが今回発売された「発芽・育苗マットカバー まもるくん」だ。

タキイ種苗 発芽マット 育苗マット 保温マット 専用カバー まもるくん

袋タイプのため、マットへ容易に装脱着が可能。約5㎝間隔にチェック柄をプリントしているので、苗を並べる時の目印や、成長した苗のスペーシングにも活用できる。

「発芽・育苗マットカバー まもるくん」は、高密度ポリエチレンフィルムを袋タイプに仕上げたもので、今までありそうでなかった袋タイプのため、マットへ簡単に装脱着ができる。

サイズは95cm×200cmの約0.5坪タイプ。また、約5㎝間隔にチェック柄をプリントしているので、苗を並べる時の目印や、成長した苗のスペーシングにも活用できるのも便利。汚れても、さっと洗い流せて手入れも簡単だ。

家庭菜園用として発売されているが、0.5坪サイズの保温マットを利用しているならば活用できるので、試してみてはいかがだろうか。

【製品概要】
商品名:発芽・育苗マットカバー まもるくん
サイズ他:95cm×200cm(袋タイプ/約0.5坪サイズ)、厚地0.05mm
価格:1,320円/枚(税込)※発芽・育苗マットは別売
製品材質:高密度ポリエチレンフィルム
耐熱温度:90~100度
※対応マット:農電園芸マット1-306(約0.5坪)/ホカホカ園芸マット(約0.5坪)

問い合わせ:タキイ種苗☎075-365-0140
「タキイネット通販」での購入はこちら