剪定鋏、手鋸などハンドツールを発売 ハスクバーナ・ゼノア

2020/09/08

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

ハスクバーナ・ゼノアは、ゼノアブランドのハンドツール(剪定鋏3種、手鋸、折込鋸2種、高枝鋸、刈込鋏2種、太枝切鋏6種の計15種類)を発売する。刈込鋏と太枝切鋏は10月上旬から、それ以外は9月上旬から市販される。

ここでは9月に発売される剪定鋏、手鋸、高枝鋸を紹介する。

■剪定鋏
どの剪定鋏にも、分解せずに給脂可能なセンターオイルボルトがついているので、メンテナンスにより長期に使用できる。

ハスクバーナ・ゼノア 剪定鋏・SC20-55
手ごろな値段だが、趣味にも仕事にも活躍する高品質。ブレードは、高炭素鋼性で、深い樹液溝付き。握りやすいラバーグリップと、手への衝撃を吸収するスプリングダンパが、疲労を軽減する。
重量:230g/全長:19cm/切断直径:20mm/価格:1,800円(税別)

 

 

ハスクバーナ・ゼノア 剪定鋏・SC23-55
硬質クロム仕上げされたブレードで、ブレードをきれいに保つ深い樹液溝付き。ハンドルは、軽量かつ耐久性に優れたアルミダイカスト製ハンドルに、滑り止めのラバーグリップで握り心地も快適。
重量:225g/全長:20cm/切断直径:23mm/価格:3,800円(税別)

 

 

ハスクバーナ・ゼノア 剪定鋏・SC25-55NB
長時間作業をするハードユーザーに一押しの剪定鋏。独自のニードルベアリングシステムで摩擦力を大幅に削減。ブレードは高炭素鋼を使用し、固い枝も逃さない大きな弧を描いた形状。また2ロックポジションで、ブレードの広がりを調整 できる。 ハンドルは、軽量かつ耐久性に優れた鍛造アルミニウム製。衝撃吸収スプリングバンパーで、太い木の枝も問題なし。スピーディーに作業ができ、手や腕に負担がかからない。
重量:230g/全長:21cm/切断直径:25mm/価格:4,800円(税別)

■手鋸
鞘付きの手鋸と折込鋸2種で、3種とも日本刀にも使われる高炭素鋼を使用し、ハードクロームメッキ仕上げした最高の切れ味が持続するプロにお勧めの剪定鋸。

ハスクバーナ・ゼノア 手鋸・ZPS330
人間工学に基づいた形状のハンドル、滑り止めグリップで、快適な使い心地。鞘付き。
重量:455g/全長:51cm/刃長:33cm/価格:6,800円(税別)

ハスクバーナ・ゼノア 手鋸

(左)ZPS180F (右)ZPS240F

・ZPS180F/ZPS240F
スリムな形状で手にフィット。折込式なので、保管や持ち運びに便利。
ZPS180F 重量:220g/全長:39cm/刃長:18cm/価格:3,000円(税別)
ZPS240F 重量:340g/全長:51cm/刃長:24cm/価格:3,800円(税別)

ハスクバーナ・ゼノア 高枝鋸■高枝鋸(伸縮式ポールソー)
伸縮式ポールは、鋸部まで合わせた最大長640cm。世界で最も長いクラスのプロ用高枝鋸。鋸部は、高強度アルミニウムで軽量。また、両端に丸みを帯びた特殊な形状で、強度と安定性に優れている。
高枝鋸鋸部(ZPS430TP) 重量:830g/全長:66cm/刃長:43cm/価格:6,000円(税別)
伸縮式棹部(TP585) 重量:2,270g/全長:229~584cm/価格:18,000円(税別)

ハスクバーナ・ゼノア