東北地域の春まきタマネギ用栽培管理手順書公開

2021/07/16

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農研機構は7月14日、東北地域におけるタマネギの生産供給体系の確立、および輸入割合の高い業務加工用の周年供給と国産のシェア拡大に向けて、東北地域の特性に適した栽培管理技術を取りまとめた「標準作業手順書」を策定し、ウェブサイトで公開した。

タマネギ 栽培管理手順書 農研機構

標準作業手順書の表紙。
(出典:農研機構)

タマネギは消費量の多い野菜品目だが、生産地は北海道・佐賀県・兵庫県の特定地域に集中しているため、出荷量は産地における気象災害の影響を大きく受けるとともに、本州から北海道へ出荷地域が切り替わる夏期(7~8月)には国産品の供給量が減少する。また、業務加工用として国産タマネギへの実需ニーズは強く、価格の安定化や国産品の周年供給の強化が求められている。

これらのニーズを受け、農研機構は、国内で夏期の出荷を可能とする技術として、東北地域での春まきタマネギ生産の概略を明らかにし、生産現場での導入実証を進めたが、作付けを拡大する過程で腐敗性病害の多発や大規模営農における栽培管理上の問題が顕在化した。そこで、東北地域の春まきタマネギ栽培において、大規模経営体においても5トン/10a以上の収量を安定的に得ることを目標に、作業手順の整理、施肥基準の策定し、病害虫防除技術の開発に取り組んだ。

さらに、地域の公設試験研究機関と連携し、水田転換畑における機械化体系の現地実証を実施。技術導入の効果と条件等を明らかにし、「東北地域における春まきタマネギ栽培体系標準作業手順書」として取りまとめた。

同手順書を活用し、東北地域でタマネギ生産が拡大することで、国産タマネギの安定供給を実現することが可能になるとしている。

標準作業手順書のダウンロードはこちら

農研機構プレスリリース
農研機構