ハンディ種まきツール「カリカリくんR」

2021/03/29

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
タキイ種苗 カリカリくんR 種まき セルトレイ ポット

キャベツ、ハクサイ等の種まきに最適。

タキイ種苗は、野菜や花の“丸いタネ”をセルトレイやポットにまきやすくするハンディタイプの種まきツール「カリカリくんR(アール)」を3月29日(月)から、全国の種苗店・園芸店および同社通販で発売した。

同社では2017年にハンディ種まきツール「カリカリくん」を商品化して好評だったが、「丸いタネも蒔けるといいのに」という要望が多数あったという。

タキイ種苗 カリカリくんR 種まき セルトレイ ポット

スプーン先端に突起を付けることで、丸いタネが転がらずに1粒ずつ連続でまける。「カリカリくんR」は先端の突起が1つのブルーと2つのピンクのセットとなっている。

それを受け開発を開始したが、キャベツ、ハクサイ、ハボタンなど丸いタネは、その形ゆえコロコロと転がるため、“1粒ずつ連続でタネをまく”ことが、思った以上に困難で試行錯誤を重ねた。そこで、スプーンの先端に小さな突起を付けることで丸いタネが転がらずに1粒ずつ連続でまけるようになったため、このたび新商品として発売することとなった。

タキイ種苗 カリカリくんR 種まき セルトレイ ポット使い方は簡単で、タネをスプーン部の根元にのせ、持ち手部分の凹凸をゆっくりと爪でカリカリ(こする)すると、自然とタネが並び、進んでいくので、セルトレイや、ポットにタネまきできる。

タキイ種苗 カリカリくんR 種まき セルトレイ ポット先端の突起が1つのブルーと2つのピンクのセットなので、タネによって使い分けることができる。

タキイ種苗 カリカリくんR 種まき セルトレイ ポットまた、持ち手が六角形になっているので、手にフィットしやすく作業もしやすい。また、スプーン裏には突起がついているので、タネをセットするときなど机などに置いても安定する。持ち手に穴が開いているので、ヒモを通しておけばフックなどに吊り下げて収納することができる。

近年、マルシェや直売所へ出荷する生産者は、消費者ニーズの多様化に対応するため、少量多品目のタネをまく傾向がある。「カリカリくん」、「カリカリくんR」は、そうした生産者の作業効率化に役立ててもらいたいと考えている。

【商品概要】
サイズ:全長206mm、スプーン部の長さ80mm
価格:1セット(ブルー・ピンク2本入り)1,650円(税込)

タキイネット通販
タキイ種苗