使い勝手のよい苅込鋏、太枝切鋏 ゼノアハンドツールが新発売

2020/11/10

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

ハスクバーナ・ゼノアは、ゼノアブランドのハンドツール(剪定鋏3種、手鋸、折込鋸2種、高枝鋸、刈込鋏2種、太枝切鋏6種の計15種類)を発売する。剪定鋏、手鋸、高枝鋸は9月に発売がすでに開始されており、今回は、刈込鋏2種、太枝切鋏6種の8機種が発売された。9月に発売されている剪定鋏等の記事はこちら

ハスクバーナ・ゼノア ゼノアハンドツール■苅込鋏
軽くて切れ味のよい刈込鋏。刃長23cmの大型ブレードで一気に刈り込みができる。鍛造アルミニウムのハンドルは軽量で耐久性が高く、高周波焼入れされたブレードは切れ味が持続する。センターオイラーボルトにより、分解せずに給脂することができる。KH700SとKH710Wの2種類のタイプから選べる。写真はKH700S。

・KH700S
ストレートブレードタイプで、正確な刈り込み仕上げを実現。
重量:920g/全長:70cm/刃長:23cm/価格:6,900円(税別)

・KH710W
波状ブレードタイプで、細い枝葉もしっかりキャッチし、刈り残しが防げる。
重量:1000g/全長:71cm/刃長:23.5cm/価格:7,200円(税別)

ハスクバーナ・ゼノア ゼノアハンドツール■太枝切鋏
チェンソーを使うほどでもない太さの枝を刈り込む際に最適の太枝切鋏。高炭素鍛造合金鋼ブレードとアンビル、高周波焼入れと精巧な研磨が施され高品質な刃先を実現。大きな曲線をもったブレードとフック(アンビル)は、枝を引き込んでカットする。深いアンビル樹液溝は、切断するたびにブレードをきれいにし、錆を防ぐ。高強度航空機用押出アルミニウムハンドルは丈夫で軽量。TPR(熱可塑性)超大型の滑り止めコンフォートグリップは、人間工学に基づいた快適な握り心地。センターオイラーボルトにより、分解せずに給脂することができる。切断直径と全長の違う6種類を用意。写真はPL50-660。

・最大切断直径50mm(生木の場合)
PL50-660:重量:1145g/全長:65cm/価格:7,600円(税別)
PL50-760:重量:1235g/全長:76cm/価格:8,000円(税別)
PL50-810:重量:1280g/全長:81cm/価格:8,200円(税別)

・最大切断直径60mm(生木の場合)
PL60-710:重量:1235g/全長:71cm/価格:8,200円(税別)
PL60-810:重量:1325g/全長:81cm/価格:8,600円(税別)
PL60-910:重量:1415g/全長:91cm/価格:9,000円(税別)

ハスクバーナ・ゼノア