土壌消毒の強い味方!粉剤・粒剤など薬剤をムラなく散布 トラクター用粉剤散布機

2020/11/11

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
タイショー 粉剤散布機 土壌消毒

トラクター用粉剤散布機「PN-40-3」。

タイショーは、トラクターに設置して使用する粉剤散布機「PN-40-3」を発売した。作物の病原菌防除に効果的な粉剤を正確に散布することができる。散布可能薬剤は、ネビジン・フロンサイド等の粉剤、バスアミド・ネマトリンエース等の微粒剤。

一大産地や単一作物を専門で栽培しているなど、同じ作物を同じ圃場で作り続けなければならない場合、連作障害は大きな問題となる。特に土壌病害虫が原因の連作障害の場合、効果的なのは土壌消毒だ。太陽熱消毒や土壌還元消毒法、蒸気・熱水消毒など方法があるが、効果の安定性やコスト面から考えると土壌消毒剤による消毒が一般的。土壌消毒剤には、くん蒸するものから、土壌中に薬剤を均一に散布、混和することによって土壌中の病害虫を防除するものまでさまざまだ。

薬剤を散布し、混和する方法では、土壌中にいる病害虫に薬剤をいかに接触させるかにかかっており、土壌中での均一な混和がカギ。そんな粉剤・粒剤の散布に威力を発揮するのが「PN-40-3」。粉剤・粒剤を、ムラなく適正に散布が行える。

「PN-40-3」は、ホッパー内で固まりやすい粉状の薬剤を振動板で動かし、ブリッジ詰まりを解消。さらにホッパー内の通気性をよくするためフィルターを設置するなど、粉剤の流れを安定させ散布量を一定に保つことできる。3本のホースには、それぞれシャッターが取り付けられ撒き分けすることも可能。薬剤の残量は、ホーパー後部の窓で一目で確認することができる。

タイショー 粉剤散布機 土壌消毒

ホースごとにシャッターが付いているので撒き分けができる。

また、簡単に取り扱いできるよう新型スイッチBOXを採用。機能表示の見やすさ、使いやすさが向上した。スイッチBOXとコード部分は簡単に分割できるので、取り付け・取り外しが簡単だ。

タイショー 粉剤散布機 土壌消毒

機能表示の見やすさ、使いやすさが向上。コードが分割式で取り付け・取り外しが簡単。

メンテナンスのしやすさを考慮し、工具なしでホッパーや繰出し部の着脱が可能で、作業後の掃除が簡単に行える。

連作を重ねるにつれて特定の土壌病害虫の被害が大きくなっていくので、土壌消毒剤を上手く使いこなして被害を未然に防ぎたいもの。「PN-40-3」は、粉剤・粒剤の散布を効率的に行える散布機といえるだろう。

【PN-40-3諸元】
型式名:PN-40-3
全幅:560mm
奥行:510mm
重量:30kg
ホッパー容量:40リットル
ホース本数:3本
駆動モーター・個数:DC12V20W
散布方法:ローター繰り出し方式
散布可能薬剤:ネビジン・フロンサイド等の粉剤/バスアミド・ネマトリンエース等の微粒剤
散布量:10~65kg/10a(作業時間30分)
オプション:取り付け部材PN-B50(現地での切断、加工が必要になる)
価格:要問い合わせ
問い合わせ:029-247-5411

タイショー「粉剤散布機」
タイショー