生鮮野菜を衛生的に保つための衛生管理指針を掲載

2021/08/16

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農林水産省は、「生鮮野菜を衛生的に保つために -栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針-(第2版)」を作成、ホームページに掲載した。本指針では、生鮮野菜(特に生で食べられる野菜)を対象に、水や家畜ふん堆肥の管理、手洗いなど、衛生上の注意すべき点をまとめている。

野菜は圃場や施設で生産されているが、それぞれの場面や野菜の種類で衛生上の注意すべき内容が異なり、場所や条件に応じた取組が重要。農林水産省消費・安全局では、これまでに野菜、スプラウト、もやしに関する3つの衛生管理指針を策定している。

菜 衛生管理 栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針

農水省が作成した「生鮮野菜を衛生的に保つために -栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針-(第2版)」の表紙。(出典:農林水産省)

このたび掲載された「生鮮野菜を衛生的に保つために -栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針-(第2版)」は、生鮮野菜全般を対象に、水や家畜ふん堆肥の管理、手洗いなど、衛生上の注意すべき点をイラストやコラムとあわせ、わかりやすくまとめている。

生で食べられることも多い生鮮野菜を衛生的に保ち、食中毒事件が起きないように、この指針を役立ててほしい。自身の衛生管理の取組をチェックするためのシートもあわせて掲載されているので、ダウンロードしてチェックをしてみよう。

この第2版は、これまでの調査研究等を通じて得られた情報を基に取りまとめられており、今後、現場からの意見を収集し、これらを基に必要に応じて見直す予定とされている。

農林水産省・野菜の衛生管理に関する情報
栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針(第2版)※PDF
農林水産省