水稲箱処理剤「ヨーバルUG箱粒剤」など3剤を発売

2021/03/04

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

バイエルクロップサイエンスは、水稲箱処理剤「ヨーバル®UG箱粒剤」と「ヨーバル®プライムEV箱粒剤」、「ヨーバル®パワーEV箱粒剤」を3月1日より販売を開始した。

●ヨーバル®UG箱粒剤

バイエル クロップサイエンス 水稲育苗箱専用剤 水稲箱処理剤 防除「ヨーバル®UG箱粒剤」は、従来の薬剤が効きにくくなった抵抗性ウンカ類を抑制するピメトロジン、初期害虫やチョウ目害虫に有効な新規ジアミド系殺虫剤ヨーバル®(有効成分テトラニリプロール)、いもち病に有効なルーチン®(有効成分イソチアニル)の3つの有効成分からなる水稲の主要病害虫に優れた効果を発揮する水稲育苗箱専用剤。

水稲の主要病害虫であるいもち病、白葉枯病、イネミズゾウムシ、イネドロオイムシ、ウンカ類、チョウ目害虫のニカメイチュウ、コブノメイガ、フタオビコヤガなどに優れた防除効果を発揮する。ピメトロジンは既存薬剤に対し抵抗性の発達したウンカ類にも有効なので、本剤の処理により本田移植後長期にわたる防除が可能となる。

●ヨーバル®プライムEV箱粒剤

バイエル クロップサイエンス 水稲育苗箱専用剤 水稲箱処理剤 防除「ヨーバル®プライムEV箱粒剤」は、稲の収量や品質の低下を招き、近年被害が問題になっている紋枯病に有効なペンフルフェンを配合。

紋枯病に有効なエバーゴル®(有効成分ペンフルフェン)、、いもち病に有効なルーチン®(有効成分イソチアニル)、初期害虫やチョウ目害虫に有効な新規ジアミド系殺虫剤ヨーバル®(有効成分テトラニリプロール)の3つの有効成分からなる有効成分からなる水稲育苗箱専用剤。

エバーゴル®は紋枯病の伝染環のほとんどのステージに作用して優れた効果を発揮。紋枯病をはじめ、いもち病、白葉枯病、イネミズゾウムシ、イネドロオイムシ、ウンカ類、チョウ目害虫のニカメイチュウ、コブノメイガ、フタオビコヤガなどを防除する。

●ヨーバル®パワーEV箱粒剤

バイエル クロップサイエンス 水稲育苗箱専用剤 水稲箱処理剤 防除「ヨーバル®パワーEV箱粒剤」は、フルスペックで、水稲栽培で問題になる主要病害虫を広くカバー。

いもち病防除の定番ルーチン®®(有効成分イソチアニル)、紋枯病に有効なエバーゴル®(有効成分ペンフ ルフェン)、初期害虫やチョウ目害虫に有効な新規ジアミド系殺虫剤ヨーバル®(有効成分テトラニリプロール)、抵抗性ウンカ類にも有効なピメトロジンの4つの有効成分からなる水稲育苗箱専用剤。

稲に対して最も甚大な被害を与えるいもち病、稲の2大病害である紋枯病、白葉枯病、イネミズゾウムシ、イネドロオイムシ、ウンカ類、チョウ目害虫のニカメイチュウ、コブノメイガ、フタオビコヤガまで、問題になる病害虫を幅広くカバーする。

3剤はいずれも、播種時覆土前から移植当日までの幅広い時期で処理が可能だ。

問い合わせ:バイエル クロップサイエンスお客様相談室
Tel:0120-575-078

バイエル クロップサイエンス