「ダイバーシティ農業でおかやまを活性化する車座評議会」を設立 岡山大学 スマート農業を超えたダイバーシティ農業へ!

2022/07/20

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

国立大学法人岡山大学は2022年6月21日、「ダイバーシティ農業でおかやまを活性化する車座評議会」を設立し、そのキックオフミーティングを津島キャンパで開催した。岡山大学 ダイバーシティ農業でおかやまを活性化する車座評議会 ダイバーシティ農業

評議会は、誰もがやりがいを持ちながら農業に取り組める「ダイバーシティ農業」を実現し、地域を活性化することを目的として設立された。発起人である同大学のほか、岡山県内の自治体、農業団体及び関係企業等27団体が参画している。

キックオフミーティングは、同大学の会場と各地をオンラインで結んで開催し、25団体から44人が参加した。

岡山大学 ダイバーシティ農業でおかやまを活性化する車座評議会 ダイバーシティ農業

那須 保友理事(研究担当)・副学長による開会あいさつ。

開会にあたって、那須 保友理事(研究担当)・岡山大学副学長が「今年度から始まった本学の第4期中期目標では、『地域から地球規模に至る社会課題を解決し、より良い社会の実現に寄与する』こととしている。『ダイバーシティ農業』とは、多様な人々が多様な方法で農業にやりがいをもって携われるようにすること。岡山大学はこの『ダイバーシティ農業』の実現により、現在の農業が抱える多くの課題を解決できると考えている。その実現に向け、忌憚のないご意見をいただきたい」とあいさつした。

岡山大学 ダイバーシティ農業でおかやまを活性化する車座評議会 ダイバーシティ農業

林 靖彦副理事による設立趣旨説明。

続いて、評議会会長である林 靖彦研究・産学共創担当副理事が登壇。岡山県が強みを持つ白桃やブドウといった高級果樹分野を対象とし、多様な人材が多様な形で農業に携わることを可能にする「ダイバーシティ農業」を導入することで、新規就農を促進し、就農者減少という地域課題を解決に導くことができると考え、その実現に向けて関係自治体・団体とひざを突き合わせて議論するため、本協議会を設立したと説明した。

さらに、評議会の掲げるビジョンについて、「『ダイバーシティ農業』は『スマート農業』の良い部分を取り入れつつ、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって農業従事者のスキルを向上させ、やりがいをもたせることで、最適な技術とウェルビーイング双方を追究するものであり、将来的には果樹以外の農業や関連する産業にも波及させ、農業を起点とした地域社会の発展を目指したい」と話した。

また、今後、定期的に会合を開催するとともに、技術継承などテーマごとに分科会を設け、果樹栽培のマニュアル作りや農家の経営改善に向けた調査などに取り組んでいきたいことおよびこれらの実行のため、国の助成金等の獲得などを進めていきたいことなど、活動方針を示した。

岡山大学 ダイバーシティ農業でおかやまを活性化する車座評議会 ダイバーシティ農業

討議の模様。

その後、各参加団体が自己紹介した後、地域農業の抱える課題について発表。参加団体からは、「新規就農者のための農地が不足している」、「中山間地域では獣害が深刻で対策が必要」などの意見が出され、今後議論を行っていくこととなった。

次回のミーティングは7月28日に開催する予定だ。

なお、同評議会は随時参加可能とのこと。興味のある自治体・団体の方は以下の問い合わせ先まで連絡を。

問い合わせ:
岡山大学研究推進機構
〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
E-mail:kikou◎adm.okayama-u.ac.jp
※ ◎を@に置き換えて下さい

岡山大学研究推進機構
岡山大学