兵庫県が新規就農者等育成研修の受講者を募集

2022/05/16

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

兵庫県は、県内で本格的に就農を目指す人に向けた新規就農者等育成研修(実践研修)の受講者を募集している。研修期間は、9月1日(木)~2023年8月31日(木)の1年間となる。応募締切は5月31日(火)まで。

兵庫県 新規就農 新規就農育成研修

※写真はイメージです。

同研修では、研修生自ら研修計画を作成し、県農業大学校の研修ハウスを利用し、計画に基づき野菜、花キの栽培から販売までの農業を実践する。栽培だけでなく、販路開拓や販売戦略、経営管理などの農業経営についても実践的に行えるのが魅力。研修の最後では、1年間の研修で栽培、労務、販売、経費などの記録と結果の検討を行い、就農計画を作成する。

また、ICT技術などを活用している先進的な農業を実践している農業者の講義や現地指導なども予定されており、就農に向けた進捗報告会などもあり、研修終了後に円滑に就農できるようサポートも万全だ。

同受講者の応募要件は以下の通り。
(1)兵庫県の農業振興に熱意を持つ身体強健な者で概ね50歳以下の者
(2)近い将来、兵庫県内において就農を希望し、かつ野菜又は花き栽培での就農プランを持つ者
(3)一定以上の農業に関する知識を持ち、兵庫県の平均以上の農業経営(所得)を目指す意欲と実行力を有する者

種苗、農薬、肥料、その他資材等の購入費、暖房機等に係る燃料費、通信費(ICT対応ハウス使用のみ)、出荷・販売費等の費用は研修生が負担する。パイプハウスの使用料や機械等にかかる光熱水費(暖房機等の燃料費を除く)は無償となる。

募集定員は10名程度(聴講生を含む)。応募方法は、兵庫県立農業大学校ホームページからダウンロードした受講申込書に記入し、応募する。

平成7年から令和2年度までに89名が同研修を受講し、うち66名が就農しているという。1年間農作物の栽培管理から販売までを自ら行うことで、農業経営者として実践力を高め、円滑な就農と早期の経営確立を目指す。

【募集概要】
募集期間:5月1日(日)~5月31日(火)
募集定員:10名程度(但し、聴講生5名程度を含む)
※聴講生は、研修生の応募要件を概ね満たし、研修期間通じて週1~2回程度受講する者
応募方法や研修等の詳細はこちら

兵庫県・令和4年度 新規就農者等育成研修(実践研修)受講者の募集
兵庫県立農業大学校