地元農家×地元飲食店のマッチング会を開催 豊橋市 地産地消の新メニューの開発&提供プログラム始動!

2022/08/03

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

愛知県豊橋市は「食と農のまち推進プロジェクト」の一環として、質の高い豊橋産農産物の「地産地消」を推進するため、地元農家と地元飲食店が豊橋産農産物を使った新メニューを開発、提供するプログラムを始める。

同プログラムではまず、地元農家×地元飲食店のマッチング会を8月31日に開催。マッチングが成立したグループが地産地消の新メニュー開発(9月から)を行い、新メニューの提供イベントを11月から2023年1月ごろ開催する予定だ。

愛知県豊橋市 地産地消 イベント 販路拡大愛知県の東南部にある豊橋市は、豊川用水の豊かな水と温暖な気候に恵まれ、キャベツなどの露地野菜、大葉などの施設栽培、柿や桃といった果樹など多種多様な作物が栽培されている。また、養豚や養鶏などの畜産も盛んで、全国トップクラスの農業生産額を誇る地域。

そんな豊橋の農産物の地産地消を進めるため、「地元飲食店に利用してもらいたい地元農家」と「地元の食材を使いたい地元飲食店」をマッチングし、豊橋産農産物を使った新メニューを開発、提供するプログラムをスタートする。

同プログラムは、農家側は地元の販路を確保して、こだわりの農産物を新鮮な状態で消費者に届けることができ、飲食店側は新鮮な食材を仕入れ、お店で地元農産物のブランドを活かすことができるなど、新しい発見や人脈作りに活用できる。

新メニューの開発では、マッチングした農家と飲食店がグループとなり、さまざまなジャンルの料理人や地元農家とのメニュー開発経験のある料理人からメニューの開発サポートを受けられる。

また、新メニューの提供イベントが開催される予定で、昨年11月にオープンしたemCAMPUSで行われ、各グループが週替わりで出店する予定だ。

愛知県豊橋市 地産地消 イベント 販路拡大

マッチング会の流れ。

プログラムの開始に向け、地元農家×地元飲食店のマッチング会が8月31日(水)に開催予定で、現在参加者を募集している。申込締切は8月22日(月)17時まで。マッチング会の流れとしては、飲食店の自己紹介に始まり、農家インタビュー・プレゼン、飲食店から農家へのオファー、マッチング結果発表という流れになる。

マッチング会に関する詳細説明を希望する農家や飲食店のために事前説明会(事前申込不要)も開催されるので、気軽に参加してみては。

【マッチング会概要】
開催日時:8月31日(水)14:00~17:00
開催場所:emCAMPUS 1F restaurant(豊橋市駅前大通二丁目81番地 emCAMPUS EAST 1F)
対象者:豊橋市内の農業生産者及び飲食店
申込締切:8月22日(月)17:00
マッチング会の流れ:
飲食店自己紹介:1組1分程度(料理のジャンル・こだわり・地産地消にかける想いなど)
農家インタビュー又はプレゼン:1組3分程度(農産物のこだわり・特徴・地産地消にかける想いなど)
料理人オファー:農家へのオファー
マッチング結果発表:運営側よりマッチング結果の発表
※価格やロット等の個別商談をし、条件が合えばマッチング成立となる
マッチング会詳細はこちら
申込はこちら

【事前説明会概要】
開催日時:8月5日(金)、9日(火)15:00~16:00
※両日とも同じ内容
開催場所:emCAMPUS 1F restaurant及びZoom
※ZoomのURLはHP(https://www.city.toyohashi.lg.jp/52906.htm)を参照のこと

地元農家×地元飲食店のマッチング会を開催します!
豊橋市