長崎県南島原市でみかんの農業研修生を募集

2022/07/15

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

長崎県南島原市は、みかん農業の人材育成・新規就農者確保のための農業研修生を募集する。研修期間は10月から2024年9月までの2年間を予定している。応募締切は7月29日(金)。

長崎県南島原市 農業研修 みかん農家 新規就農 移住 ミカン南島原市は、長崎県の南部、島原半島の南東部に位置し、北部は島原市、西部は雲仙市と接し、有明海をはさんで熊本県天草地域に面している。気候は温暖で、適度な降雨量と日照時間に恵まれた地域。1000メートルを超える雲仙山麓から南へ広がる肥沃で豊かな地下水を含む大地で、多くの農産物を生産している。なかでも同市は長崎県の中でも、有数のみかん生産地であり、みかん栽培に適した水はけの良い土壌で、早生みかんや温州みかんを始め、多くの種類の柑橘類が栽培されている。

同市は、果樹の産地化に向けて(1)果樹の振興、(2)新規就農者の増加・農業後継者の定着、(3)販路拡大、(4)農家の所得向上を掲げ、各種施策に取り組んでいる。研修生の募集は、新規就農者の確保と育成、定着を目指し、果樹における農業技術の向上・農業経営力の習得を目的とした座学や現地研修を実施するもの。

研修は、10月から2024年9月までの2年間で、栽培管理全般、農業経営ノウハウ、マーケティング等を学ぶ。募集定員は3名。研修費用は無料(ただし、研修場所までの交通費、食事費、教材費および消耗費等は研修生が負担する)。申込期限は7月29日(金)まで。

南島原市でみかん農家として就農したい人は応募を考えてみてはいかがだろうか。

【応募概要】
研修期間:2022年10月~2024年9月(2年間)
研修内容:栽培管理全般、農業経営ノウハウ、マーケティングほか
研修場所:
現地実習:南島原市内の樹園地
座学:南島原果樹フロンティア協議会 研修所(長崎県南島原市有家町蒲河1748番地1)
募集定員:3名
申込期限:7月29日(金)
応募要件:
以下の各号をすべて満たす人。ただし、他にも要件があるので、まずは農林課まで問い合わせのこと。
(1)就農に対する意志が固く、研修に意欲的に参加できる者で就農時の年齢が49歳以下の人
(2)研修を受講するにあたり、健康上問題がない人
(3)研修期間中、南島原市内に現に居住し、その居住先が住民基本台帳の住所として記録されている人
(4)研修終了後、南島原市内に現に居住し、果樹農業を主たる職業として目指す人
(5)南島原市内で独立又は雇用による就農を行う人
(6)暴力団等の反社会的勢力又は、反社会的勢力と関係を有する人でないこと
(7)市税等を滞納していないこと
(8)その他、南島原市長が事業の対象者として不適当と認めた人でないこと
詳細などはこちら

南島原市農業研修生募集公式HP
南島原市