Satoyamaカフェ ワインでつくる地域の風土

2021/09/08

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

Japan Times Satoyama推進コンソーシアムは9月10日(金)、「ワインでつくる地域の風土 ~地域で循環する経済と生態系~」をテーマに、「第19回Japan Times Satoyamaカフェ」をオンラインにて開催する。
Japan Times Satoyama カフェ 地域活性 里山 関係人口創出 雇用創出ワインの原料であるブドウは、土地の個性を反映しやすい果樹といわれている。気候や土壌、あるいは地形といったその土地それぞれの特性が、果実の味わいに直結するので、それを原料とするワインはまさにその土地が産み出すオンリーワンの産品。ワインづくりのプロセスそのものが、地域独自の風土を形成していくといっても過言ではない。

青森県下北半島、栃木県足利市、広島県三原市で、それぞれ日本の特徴あるワイン造りに取り組む生産者が見据える、視座の共通点や相違点を明らかにしながら、地域で循環する経済と生態系のあり方を考えていくイベントだ。

Japan Times Satoyama カフェ 地域活性 里山 関係人口創出 雇用創出

写真左から青森県のサンマモルワイナリー代表取締役 北村 良久氏、栃木県足利市のココ・ファーム・ワイナリー 専務取締役 池上 知恵子氏、広島県三原市の瀬戸内醸造所 代表取締役 太田 裕也氏。

登壇者は、青森県のサンマモルワイナリー代表取締役 北村 良久氏、栃木県足利市のココ・ファーム・ワイナリー 専務取締役 池上 知恵子氏、広島県三原市の瀬戸内醸造所 代表取締役 太田 裕也氏。

イベントへの参加は無料だが、事前申込が必要となる。なお、Satoyamaカフェの内容は後日アーカイブとして公開されるほか、Japan Timesの本紙ならびにSustainable Japan by The Japan Timesのウェブサイトにて紹介予定。
Sustainable Japan by The Japan Times:https://sustainable.japantimes.com/

【イベント概要】
開催日時:9月10日(金)12:30~14:00
開催場所:オンライン(YouTube Live)
参加費:無料 ※事前申込が必要
詳細や申込方法はこちら

【参照】 Japan Times Satoyama カフェとは

Japan Times Satoyamaカフェとは、全国各地の里山・里海で活躍している里山資本主義の実践者が登壇し発信することで、地域と都心部、そして他地域とのつながりを創出することを目的としている。実践者にとっては、活動を国内外に発信することで「関係人口」へのアプローチの機会となる。また、里山推進の取り組みに関心の高い都心層にとっては、地方への理解を深めるまたとない機会となっている。

第19回Japan Times Satoyamaカフェ「ワインでつくる地域の風土 ~地域で循環する経済と生態系~」