「お米番付」2021の受賞者が決定!

2022/01/31

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

お米のトータルプロデュース事業を展開する京都の老舗米屋・八代目儀兵衛は、日本を代表する料理人や消費者と一緒にお米の未来をつくることを目的とし、1月26日に東京銀座にて「お米番付」2021最終審査会を開催し、34道府県161品のエントリーから最優秀賞を含む12名の生産者を選定した。
お米番付 八代目儀兵衛 コンテスト コメ

「お米番付」は“うまい米”とは何かを突き詰め、有名な産地や銘柄ではなくうまい米や「生産者の技術」を未来に継承してきたいという想いから9年前に誕生したお米コンテスト。食のプロである特別審査員5名のみで選考し、入賞者を選定。機械を一切使用せず、人が食べて美味しいと感じるお米を正しく評価するという点で、生産者からの信頼も厚く、権威あるコンテストとして運営を進めてきました。

日本には数々のお米のコンテストが存在しているが、実はほぼすべてのコンテストの一次審査では「食味計」が使用されており、そこで大部分がふるいにかけられている。

お米番付 八代目儀兵衛 コンテスト コメ

7つの食味基準。

お米番付 八代目儀兵衛 コンテスト コメ

審査風景。

一方、人が食べて“うまい米”を評価したいとの想いから「お米番付」では、食味計を用いた機械的な審査をすべて排除し「人が五感で感じる美味しさ」を追求した実食審査を行なっている。また、全てのお米を平等に審査するために、厳格なルールに基づいて炊飯を行い、ツヤ、白さ、香り、食感、粘り、甘さ、喉越しからなるお米を総合的に評価する基準を設け、それぞれ数値化して審査を行う。特に食味において重要な「ツヤ」、「甘さ」、「喉越し」の3項目を20点満点、他の項目を10点満点とし、合計100点満点で評価する。

お米番付 八代目儀兵衛 コンテスト コメ

審査員の5人。写真左から「鮨よしたけ」店主 吉武 正博氏、「祇園さゝ木」店主 佐々木 浩氏、八代目儀兵衛 橋本 隆志氏、銀座「てんぷら 近藤」店主 近藤 文夫氏、フードコラムニスト 門上 武司氏。

審査委員には、フードコラムニストの門上 武司氏、「祇園さゝ木」店主 佐々木 浩氏、銀座「天ぷら 近藤」店主 近藤 文夫氏、「鮨よしたけ」店主 吉武 正博氏、八代目儀兵衛 橋本 隆志氏の5名で、ミシュラン星付き料理人や世界で活躍するフードコラムニストなど、各方面の食のプロフェッショナル。

過去の受賞者の中には、「お米番付」の受賞を機に地元メディアに取り上げられ、お米の拡販につながったとの声があるとのこと。また、全国的に有名な大手量販店から声が掛かり、よりたくさんの消費者へお米を届けることができた生産者も。同コンテストは従来、重視されてきた産地銘柄という枠に縛られていたものを「品質」で評価し、本気でお米と向き合う生産者や産地に「光」をあてることを目的としているとのことだ。

■お米番付2021受賞者

全国161品の中から決定された受賞者は以下の通り(敬称略)。

・最優秀賞
福島県南会津郡 いのちの壱 作:お米農家ゆだ 湯田 裕樹

・優秀賞
福島県耶麻郡 コシヒカリ 作:橋谷田ファーム株式会社 橋谷田 淳
栃木県那須郡 ゆうだい21 作:人見浩農園 人見 浩
京都府向日市 ぴかまる 作:五十棲 正信

・入賞
北海道三笠市 ふっくりんこ 作:清水 研介
新潟県佐渡市 コシヒカリ 作:JA佐渡 水稲部会 仲川 芳信
長野県上水内郡 コシヒカリ 作:仲俣 孝志
岡山県岡山市 きぬむすめ 作:小幸農園株式会社 竹本 昌理

・敢闘賞
秋田県にかほ市 ササニシキ 作:株式会社権右衛門 須田貴志
長野県飯山市 コシヒカリ 作:小嶋 秀典
佐賀県小城市 さがびより 作:株式会社しもむら農園 下村 宣弘
宮崎県えびの市 ヒノヒカリ 作:JAえびの市水稲部会 押川 キリ

「お米番付」2021の上位8種類に選ばれたお米は、八代目儀兵衛が、「銀シャリの炊き立てご飯」として体験できる場所として、祇園と銀座の米料亭八代目儀兵衛(http://www.okomeya-ryotei.net)で期間限定にて提供される。

2月11日(金)~ 2月13日(日):橋谷田 淳 コシヒカリ 福島県耶麻郡
3月4日(金)~ 3月6日(日):清水 研介 ふっくりんこ 北海道三笠市
4月1日(金)~ 4月3日(日):湯田 裕樹 いのちの壱 福島県南会津郡
5月13日(金)~ 5月15日(日):竹本 昌理 きぬむすめ 岡山県岡山市
6月3日(金)~ 6月5日(日):仲俣 孝志 コシヒカリ 長野県上水内郡
7月1日(金)~ 7月3日(日):人見 浩 ゆうだい21 栃木県那須郡
8月5日(金)~ 8月7日(日):五十棲 正信 ぴかまる 京都府向日市
9月2日(金)~9月4日(日):仲川 芳信 コシヒカリ 新潟県佐渡市

【参照】お米番付2021出品について
なお、次回コンテストの詳細は発表されていないが、次回コンテストに出品したいという方は、今回の実施の出品資格や条件、出品方法などを参考に掲載するので参考に。今後、「お米番付」HPに詳細が発表されると思うので、チェックしてほしい。

【出品資格】
・全国の美味しいお米作りに取り組んでいる生産者様(個人および団体)
・JA様の出品も可能です(生産者様が特定できることが条件)
【出品条件】
・同じ農法で作られたお米を30kg×5袋以上用意でき、2022年1月上旬まで保管できること。
※最終審査会にて上位8品に選ばれたお米のみ、株式会社八代目儀兵衛にて買い取りをさせていただきます。
・一品種につき5,000円のエントリー料がかかります。
・1生産者様につき同一品種の出品は1点まで。ただし栽培方法が異なる場合は出品可。
(JA・団体の方につきましては、生産者が異なる場合、同一品種の複数出品可能です)
・入賞時の買取価格は一律 玄米30kg:10,000円(税込・送料別)となります。
【出品方法】
・出品申込書(PDF)をダウンロードし、必要事項を記載の上、郵送。または、エントリーフォームより送信。
【スケジュール】
エントリー:9月1日~11月10日
お米の送付:9月1日~11月15日
一次審査通過通知:12月上旬頃(電話にて)
最終審査:1月26日
結果発表:1月下旬頃

お米番付
八代目儀兵衛