兵庫県の在来品種「播州白水菜」の復活に成功 農研機構×ファーマーズファクトリー

2022/06/28

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農研機構とファーマーズファクトリー(兵庫県多可町)は、兵庫県の在来品種「播州白水菜(ばんしゅうしろみずな)」の復活に成功した。

「播州白水菜」は兵庫県で代々受け継がれてきた水菜品種だが、近年は栽培されておらず発芽する種子がなかったため、消失寸前だった。今回わずかに残っていた種子を発芽させ、新たな種子を得ることに成功した。種子の復活により、再び「播州白水菜」の生産可能となった。同成果は、地域の食文化の継承や地域社会の発展に繋がると期待される。

在来品種 播州白水菜 農研機構 ジーンバンク

「播州白水菜」が栽培されていた兵庫県多可町(黄色)。 (出典:農研機構・プレスリリース)

近年、在来品種の保全は日本だけでなく世界中で緊喫の課題と捉えられている。農研機構は、農業生物資源ジーンバンク事業により、日本国内在来品種の収集と保存を進めている。2021年6月に兵庫県における在来品種の保全状況を調査したところ、多可町で受け継がれてきた水菜の在来品種「播州白水菜」が消失寸前であることが明らかとなった。

多可町で兵庫県の在来品種を中心に自家採種と有機栽培での野菜作りを進めているファーマーズファクトリーは、「播州白水菜」を地域に継承するために、10年余り前に採種された種子を用いて栽培を試みたところ、残っていた種子は活性が低下しており、畑に播いても発芽しなかった。

在来品種 播州白水菜 農研機構 ジーンバンク

植物の成長に必要な栄養素を含んだ寒天培地(滅菌済み)の上に、表面を滅菌した「播州白水菜」の種子を播くことで、発芽させることに成功した。 (出典:農研機構・プレスリリース)

そこで、農研機構とファーマーズファクトリーは「播州白水菜」の古い種子を無菌環境で発芽させることに着手。種子が発芽に必要な水分を十分に吸水できるように種子の表面を溶かし、滅菌したあと、植物の成長に必要な栄養素を含んだ寒天培地に播種することで、活性が低下した種子でも発芽できるよう環境を整えた。

その結果、およそ50粒の種子を発芽させることに成功。その後、成長した苗を土に移植して栽培を続け、新しい種子を採ることができた。

在来品種 播州白水菜 農研機構 ジーンバンク

左側 : 「播州青水菜」。兵庫県多可町で栽培が続けられている在来品種。
右側 : 「播州白水菜」。今回復活に成功した在来品種。「播州青水菜」と比較して、鮮やかな黄緑色の葉をもつこと、分枝の数が多いこと、葉が広く柔らかいことを特徴とする。
(出典:農研機構・プレスリリース)

今回復活に成功した「播州白水菜」は「播州青水菜」と比較して、鮮やかな黄緑色の葉をもち、分枝の数が多く、葉が広く、柔らかいという特徴があった。

同成果は生物多様性の保全だけでなく、「播州白水菜」を後世に残すことで、地域の食文化の継承や地域社会の発展に繋がると期待される。

今後、ファーマーズファクトリーは「播州白水菜」の栽培を続け、販売していく予定だ。また、農研機構は「播州白水菜」の種子をジーンバンクで保存する。

農研機構・プレスリリース
農研機構