大手商社の双日が国内農業会社を設立

2022/07/04

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

自動車やプラント、エネルギーや金属資源、化学品、食料資源など、全世界で幅広くビジネスを展開している大手総合商社の双日は、双日農業株式会社(英文名:Sojitz Nogyo Corporation、以下双日農業)を設立した。

双日 双日農業 異業種参入 GAP

生産圃場イメージ。

近年の天候不順、物価上昇、各国の食料安全保障への関心の高まりや、消費者の環境や食の安全性に対する意識の変化により、環境に配慮した国産野菜の持続的かつ安定的な供給ニーズが高まってきている。

そこで双日は、双日農業を通じて、「全国でGAP認証農産物の通年供給を可能にする体制」の構築を目指し、以下の施策を行っていく。

・農業生産者のGAP認証の取得をサポートし、国内におけるGAP認証農産物の流通量を増やす。
・農業生産者とGAP認証農産物を軸とした共同生産事業を行い、必要な保管設備や加工設備などの機能を提供する。
・農業生産者とのネットワークを全国規模で形成することで、効率的な物流を実現し、安定的かつ持続的な供給体制を構築する。
・水田転作を主とした新たな産地形成による農産物の供給量増加を実現する。

これらの施策によって国内農業の競争力を向上させるとともに、地域の雇用維持・拡大を目指すなど、社会課題の解決に挑む。

【会社概要】
社名:双日農業株式会社
設立:2022年6月22日
株主:双日100%
事業内容:
・農産物の生産・販売
・農業関連商品(農資材など)の販売
・農産物の物流・保管・加工
・農業関連システムの開発・運営 など

双日