社会人向け週末農業学校が2021年春の受講生募集

2020/12/25

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

アグリイノベーション大学校 農業スクールマイファームが運営する社会人向け週末農業スクール「アグリイノベーション大学校」は、ニューノーマル時代に合わせてカリキュラムを一新。3つのコースを新設して、2021年3月からの受講生募集を開始した。募集期間は12月20日(日)~2021年2月末日まで。

「アグリイノベーション大学校」とは、「農業から未来を考える」社会人が、今の仕事を続けながら週末だけで農業を学ぶことができる学校として、2020年秋に10周年を迎えた。卒業生の累計数は1600人を超え、全国各地の農業界で多岐にわたり活躍している。「農業経営」と「農業技術」の両面を学ぶ独自のカリキュラムは、自治体が地域の農業者を育成する農業経営塾や、法人の農業参入の場でも活用されている。

今回新設された3つのコースは以下の通り。開講期間は2021年3月~2022年2月までの1年間。

■アグリスタンダードコース
アグリイノベーション大学校のメインコース。漠然と農業に関わってみたい方・農的暮らしを目指す方から、新規就農やアグリビジネス起業を目指す方まで、幅広く受講できるコースとなっている。「農業経営の座学」、「農業技術の座学」をオンラインで受講して理論を学び、「農場実習」では全国5箇所の専用農場に通って実践で磨くという、オンラインとオフラインをミックスしたカリキュラム構成。また、「オンラインサロン」という新しい学びの場を設けることで、ニューノーマル時代でも、農業をキーワードとした仲間づくりができる。
【概要】
内容:農業経営学、農業技術学、農場実習、オンラインサロン(2~3回/月)
受講料:658,000円(税別)
定員:関東校42名/関西校20名

■アグリビジネスコース
就農・起業を考え、さらに高みを目指したい人向けのコース。2020年に仕事や人生と向き合い、2021年から変わる決意を固めた人を応援する。アグリスタンダードコースのカリキュラム内容に加え、特別に「ゼミ」を設置。「ゼミ」は、一流の講師陣と少人数制での同期から個別にフィードバックを受けつつ、卒業後に実現するための事業計画を本格的に作り込むアウトプット型の場となる。
【概要】
内容:農業経営学、農業技術学、農場実習、オンラインサロン(2~3回/月)、ゼミ(就農相談・全8回)
受講料:808,000円(税別)
定員:関東校10名/関西校10名

■アグリチャレンジコース
農業技術・知識を身につけたい人向けのライトな農業技術専攻コース。2020年は家庭菜園ユーザーが激増した年。そこからさらにステップアップしてより本格的な農業の技術を身につけることで、人生を豊かにしたり、新たな仕事を見つけるきっかけとなることを目指す。カリキュラム内容は「農業技術の座学」と「農場実習」に絞っている。
【概要】
内容:農業技術学、農場実習
受講料:410,000円(税別)
定員:関東校10名/関西校10名

どのコースも入学金30,000円(税別)、教科書代3,300円(税別)がかかる。また、アグリイノベーション大学校は、学費サポート(給付金・奨学金)として教育訓練給付制度(一般教育訓練)の指定講座となっているので、一定の条件を満たし申請すれば、受講料の20%まで(上限10万円)について支給を受けることができる。※「アグリチャレンジコース」は対象外。

もっと詳しく知りたい、具体的な内容を聞きたいと思っている人は、オンライン相談会なども実施しているので、参加してみてはいかがだろうか。
相談会の詳細はこちら

アグリイノベーション大学校
マイファーム