JALが無料の短期農業研修を実施・参加者募集

2021/08/23

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

日本航空(以下JAL)は8月18日(水)、地域に滞在し農業体験ができる短期農業研修「JAL農業留学2021」を開始すると発表した。地域移住や就農に関心のある人が対象で、交通費と宿泊費が無料で参加できる。東北地方の農家に2週間程度滞在することで、農業者や地元住民との交流を図るほか、就農への理解を深める。

日本航空 農業研修 JAL農業留学2021 就農 移住
今回の研修事業は、農林水産省の農山漁村振興交付金(地域活性化対策(人材発掘事業))採択事業として、農山漁村と新規就農希望者との理解を深める機会として実施されるもの。

短期農業研修「JAL農業留学2021」は、座学による事前学習と地域での農作業をセットにしたもので、東北の対象地域に2週間程度滞在し、地域の暮らしや農作業を実体験する。岩手県遠野市と秋田県藤里町、宮城県蔵王町、岩手県八幡平市の4地域で10月から2022年1月にかけて実施する。

参加者は事前学習として、農山漁村のビジネスや生活に関する基礎知識をEラーニングで学ぶ。内容は農協観光提供の専門家による講義で、農山漁村のビジネスや生活に関する基礎的な知識を習得する。全6コマ(1コマ1時間程度)。

現地研修はおよそ2週間の滞在で、滞在中は平日のうち半日を農業研修に充て、残りの半日はテレワークや散策などの自由時間とする。土日は休日となる。

募集は8月18日(水)からで、1地域につき20名程度が参加できる。対象となるのは東京と神奈川、埼玉、千葉の1都3県に住む20歳以上60歳未満の人で、応募は一人につき1地域。専用サイトから応募する。9月13日締切。現地までの交通費や宿泊費は無料だが、現地での食事代は自己負担となる。

【研修概要】
事前研修(座学):各自Eラーニング(全6コマ※1コマ1時間程度)
現地研修(滞在約2週間):各地域による独自プログラムを実施
※半日研修、半日自由時間、土日は休日となる

【募集概要】
研修イベント名:JAL農業留学2021
募集期間:8月18日(水)~9月13日(月)
募集人数:各地域20名程度
対象者:
・東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県にお住まいの方
・応募時点で、20歳以上60歳未満の方
・農業への関心があり、将来的な就農および地方への移住に関心のある方
研修地域:
岩手県遠野市:10月3日(日)~10月16日(土)
秋田県藤里町:10月10日(日)~10月23日(土)
宮城県蔵王町:10月31日(日)~11月13日(土)
岩手県八幡平市:2022年1月16日(日)~1月29日(土)
※応募は一人につき1地域
費用:無料(移動交通費、現地の宿泊費)
※現地での食事代および自由時間での現地交通費は各自負担
申込方法:応募フォームより申込
問い合わせ:nogyoryugaku@ml.jal.com
詳細、申込方法等はこちら

JAL農業留学2021
日本航空