島根農林大学校が3年度生募集 就農準備コース新設

2020/12/10

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

島根県は近年、移住先として人気が高まっているという。人気の要因として、「子育てのしやすさ」(合計特殊出生率 全国2位・保育所数/10万人あたり 全国2位)、「働きやすさ」(平均帰宅時間の早さ 全国2位)、「暮らしやすさ」(スーパーマーケット店舗数 全国1位)などが挙げられる。

そんな島根県を新規就農先として考えている人もいるのではないだろうか。そんな移住して新規就農して生計をたてたいという人に向けて、島根県ではこの度、「自営就農」を目的としたIターン・Uターンを手厚くサポートするため、島根県立農林大学校が2021年に「就農準備コース」を新設することを決定した。

島根県では、年齢や経験の有無にかかわらず、就農を目指すすべての人々が就農準備や住居の不安なく就農できるよう、研修内容・農地・住居・販路・経営モデル等をひとまとめにした「包括的就農パッケージ」を用意している。

島根県立農林大学校 就農準備コース 令和3年度募集表のような流れのなかで、就農に必要な知識・技術を身につける場として重要となるのが「島根県立農林大学校」。昨今、自営就農希望者が増加している状況に鑑みて、同校では卒業後すぐの自営就農を目標とした「就農準備コース」を2021年に新設する。

就農準備コースとは、栽培に加え自ら経営も行う“自営就農”を目標としたコース。栽培技術だけでなく、農業経営についても学ぶべく、基礎講義のほか農業新技術(スマート農業)やマーケティング・流通、会計・ファイナンス、マネジメントなどのプログラムを用意。就農にあたっては在学中から農地確保、機材整備、就農計画作成などを市町村や農協・農家など各関係機関と連携してサポートする。

島根県立農林大学校 就農準備コース 令和3年度募集

卒業生はスムーズに就農することができる。小平亮介さん(写真左):ぶどう農家/大阪府出身/地元の農業高校を卒業後、島根県にIターン、田代稔さん(写真右):ぶどう農家/東京都出身/東京の元SE、島根県にIターン。

また、農林大学校を卒業後すぐに島根県内の農業経営者となることをめざす社会人経験者などを対象にした「短期養成コース」も2020年に設立している。修業年は1年間で、個別カスタム型カリキュラムで、就農準備コース同様、栽培+経営に必要な知識・技術を短期間で身につけられる。入学前に県内市町村と相談して就農予定地を決めて就農ビジョンを確定させるうえ、予定地での実践研修も行うため、移住~研修~就農までの流れが明確。卒業後すぐの就農に向けて安心して学ぶことができる。

島根県立農林大学校 就農準備コース 令和3年度募集

充実した施設で学ぶことができる。

島根県立農林大学校は、農業科には、有機農業・野菜・花き・果樹・肉用牛の各専攻があり、専攻によってはビニールハウス1棟を1人で責任管理するといった実践に即したプログラムで、即戦力を身につけられる。また、注目のスマート農業についても自動操舵トラクター、ドローンによる病害虫防除、リモコン除草機、ICT対応ハウス、環境モニタリングなども各種採用し、遠隔監視や自動環境制御の分野についても学ぶことができ、充実した施設を持つ。

島根県へ移住して就農したいと考えている人は、農林大学校の受験を選択肢に加えてみてはいかがだろうか。

【募集要項】
応募受付期間:
前期:2021年1月8日(金)~1月28日(木)17時締切
後期:2021年2月26日(金)~3月10日(水)17時締切
※後期試験は試験実施科(コース)のみ出願できる
募集定員:
農業科(有機農業・野菜・花き・果樹・肉用牛・短期養成コース):45名
林業科:20名
応募資格:次の(1)から(3)までのいずれかに該当する者であって、島根県立農林大学校卒業後、島根県内において就農し、若しくは林業に就業し農林業を担う人材となるもの又は島根県の農林業振興と農山村社会の発展に貢献すると見込まれるもの
(1)高等学校若しくは中等教育学校の後期課程を卒業した者若しくは令和3年3月に卒業見込みの者又は学校教育法第90条第1項に規定する通常の課程による12年の学校教育を修了した者若しくは令和3年3月に修了見込みの者
(2)高等学校卒業程度認定試験規則第2条第1項の規定により行われた高等学校卒業程度認定試験に合格した者(同省令附則第2条の規定により廃止された大学入学資格検定規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。)
(3)その他知事が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の学力を有すると認めた者
応募書類:
(1)入学願書(※)
(2)志望理由書(※)
(3)出身学校長が作成した調査書
(4)返信用封筒(長形3号に出願者の住所氏名郵便番号を明記し94円切手貼付)
(5)入学検定料(郵便定額小為替2,200円分)
※(1)、(2)の用紙は、後に添付した本校所定のものを使用すること。
入学試験日時:
前期:2021年2月16日(火)9:30~16:00
後期:2021年3月22日(月)9:30~16:00
※後期試験の実施は、出身学校長推薦入学検定、自己推薦入学検定及び一般入学検定前期試験の結果により決定する
開催場所:島根県立農林大学校本校(大田市波根町970-1)
内容:
農業科(短期養成コースを除く)・林業科:筆記試験(一般教養、数学、小論文)及び面接試験
農業科(短期養成コースに限る):筆記試験(小論文)及び面接試験
※後期試験実施科(コース)については、2021年2月24日(水)10時に島根県立農林大学校ホームページに掲載する。
問い合わせ:農林大学校☎0854-85-7011/E-mail:nodai@pref.shimane.lg.jp
募集概要、応募書類の詳細などはこちら

島根県・令和3年度学生募集(一般入学試験<前期・後期>)
島根県立農林大学校
島根県
【参照】ふるさと島根定住財団(島根県への移住・定住の総合相談窓口)
【参照】しまね農業振興公社(島根就農支援サイト)
【参照】くらしまねっと(島根県UIターン総合サイト)