スマート・オコメ・チェーンコンソーシアム設立

2021/07/28

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農林水産省は、コメのJAS規格制定に向けた取り組みを民間主導で実施してデータ駆動型のコメ流通を創造する「スマート・オコメ・チェーンコンソーシアム」の設立大会を8月3日(火)にオンラインで開催する。

農林水産省 スマート・オコメ・チェーンコンソーシアム データ駆動型のコメ流通

(※クリックして拡大)

農水省は、2020年9月に設置した「農産物検査規格・米穀の取引に関する検討会」で、「スマート・オコメ・チェーン」を活用した民間主導でのJAS規格制定の支援について、2月に結論を得て、これを受けスマート・オコメ・チェーンを構築し、これを活用した民間主導でのJAS規格制定を進めるため、6月11日にスマート・オコメ・チェーンコンソーシアムを設置した。

「スマート・オコメ・チェーン」は、米の生産から販売までのデータをプラットフォーム上で管理・共有するシステム。生産・集荷・卸・小売の各関係者がデータに基づいて互いにフィードバックし合うことで、自らの経営に活かすことができるメリットがある。コンソーシアムでは、実務ベースでより具体的な制度設計などを詰める。

コンソーシアムでは、9月にワーキンググループを設置して議論を開始し、国際ワークショップの開催なども実施しながら、令和5年産からの利用開始を目指す。なお、農産物検査規格・米穀の取引に関する検討会(新・検査検討会)が示した輸出向けJASの素案作成などもこのコンソーシアムが担うことになる。

設立大会の一般傍聴の申込締切は7月30日(金)の12時で、傍聴者には8月2日(火)17時までに傍聴用のURLが送付される。傍聴は先着順で当日はWeb会議システム「Zoom」を使用する予定。

【開催概要】
開催日時:8月3日(火)15:00~17:00
開催場所:オンライン(Zoomを使用)
参加費:無料
講演:
・オコメのグローバルスタンダードをめざして(東京大学名誉教授、公益財団法人日本適合性認定協会理事長 飯塚悦功氏)
・スマート農業からデータ駆動型フードシステムへ(三重大学名誉教授、一般社団法人ALFAE代表理事 亀岡孝治氏)
事務局からの説明:
・スマートフードチェーンの取組と、スマート・オコメ・チェーンとの連携について(公益財団法人流通経済研究所農業・環境・地域部門部門長 折笠俊輔氏)
・「スマート・オコメ・チェーンコンソーシアム」の活動について(農林水産省農産局穀物課米麦流通加工対策室長 上原健一氏)
申込締切:7月30日(金)12:00まで ※先着順
開催詳細、申込の詳細はこちら

スマート・オコメ・チェーンコンソーシアムの設立について
スマート・オコメ・チェーンコンソーシアム設立大会の開催及び一般傍聴について
農林水産省