観光農園向けコロナ対応ガイドラインを公表

2020/09/18

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
観光農園

※写真はイメージです。

農のふれあい交流経営者協会は、観光農園を営む農業者の参考となるよう、「観光農園(収穫体験)における新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(第1版)」を作成、ホームページに掲載した。

新型コロナウイルスの影響で、団体客が見込めず、営業短縮を余儀なくされた観光農園も多かっただろう。各農園では通販を行ったり、冷凍技術を利用して冷凍フルーツとして販売したり、動画+宅配でバーチャル体験サービスを行ったりと、さまざまな取り組みを行い、難局を乗り切ってきた。

政府の緊急事態宣言解除により、少しずつだが観光需要が戻りつつある中、感染症対策と社会経済活動の両立を図っていくためには、事業者において提供するサービスの場面ごとに具体的な感染予防を検討し、実践することが必要になることから、本ガイドラインを作成した。

作成にあたっては、関連産業の各種ガイドライン等を参考に、全国の観光農業経営者等で組織する「農のふれあい交流経営者協会」の会員が取り組む感染対策を含め取りまとめた。また、農林水産省 農村振興局 農村政策部 都市農村交流課の協力により、尾内 一信氏(医師、一般社団法人日本環境感染学会評議員、川崎医科大学医学部小児科科学主任教授、川崎医科大学小児医療センター小児科部長)が監修した。

内容は、基本原則、従業員等向けの対策、各場面における対策(来園・受付時、金銭の受け渡し、農園への案内、収穫体験時、休憩場所、トイレ)、熱中症対策について、わかりやすく簡潔にまとめられている。

観光農園や体験農園などを経営している方は、一度は目を通しておこう。

観光農園(収穫体験)における新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(第1版)
農のふれあい交流経営者協会