【貨客混載】新幹線・特急物流サービスを拡大 JR東日本

2020/09/04

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

JR東日本は、これまで取り組んできた新幹線物流に加え、在来線の特急物流など列車を活用した物流サービスを順次拡大すると発表した。

JR東日本 新幹線・特急物流

物流の流れのイメージ。

列車を活用した物流サービスは、列車の速達性や定時性といった強みがあることから、その土地ならではの食材などを鮮度良く運べるという利点を活かし、JR東日本では2017年以降、新幹線の活用やJR他社との連携などを通じた新幹線物流トライアルに取り組んでおり、消費者に付加価値の高い地産品を提供してきた。

またこれらの取り組みは、地域事業者などの販路拡大と、魅力ある売場づくりをも実現するもので、JR東日本はこれまでに、地域の魅力ある食材や地産品を新幹線で首都圏に輸送し、地域の情報発信やPRも含め、駅などで販売するイベントを実施してきた。

今後、地域連携をさらに強化しながら、イベントなどにとどまらない定期的な食材など輸送拡大に取り組み、列車を活用した物流サービスをさらに拡大し、ポスト・コロナ時代における事業拡大を図る。

JR東日本 新幹線・特急物流

今後の展開のイメージ。

主な取り組みとして9月からは、これまでの新幹線物流に加え、地方都市間新幹線物流と在来線の特急物流を実施。販売箇所の拡大や短距離輸送などの、地域や荷主のより細やかなニーズに対応する。

また、定期輸送の拡大や将来的な輸送量拡大を見据えた輸送方法の構築、グループ外の新規荷主の獲得による物流サービス事業拡大を図る。さらに、食材や地産品の輸送に加え、電子部品など列車の速達性を活かせる商品の輸送を計画する。

そのほか、物流企業との連携により、駅までの輸送だけではなく、消費者の自宅や指定場所での受取を可能とするサービスの実現を目指す。

このほか、JR東日本グループが運営するECモール「JRE MALL」との連携も推進。消費者のオンライン注文に応じて、野菜や果物、魚介などを新鮮な状態でスピーディに届けられる仕組みづくりを行う。

10月下旬からは、JRE MALLと「ポケットマルシェ」がシステム連携。農水産物の購入でJRE POINTが貯まる取り組みを始める。

また、新幹線物流を活用し、購入した農水産物を高輪ゲートウェイ駅で生産者から受け取る企画を毎月開催。さらに、エキナカ常設店でも新幹線物流を使って定期的に農水産物を購入できる仕組みを作る。

現在決定している新幹線物流を活用した首都圏における産直市は、北陸新幹線を活用した長野のブドウ販売(東京駅)、秋田新幹線を活用した秋田産直市(大宮駅、上野駅)、秋田県産花キ販売(東京駅)。地方都市間の新幹線物流を活用した地域イベントとして、東北新幹線を活用した宮城・福島・山形銘品フェア(函館市・金森赤レンガ倉庫)。在来線の特急物流を活用した地域イベントとして、踊り子号を活用した伊豆美味いもん市(東京駅)、ときわ号を活用した茨城県産鮮魚販売(品川駅)などが予定されている。

貨客混載の取り組みは、全国の様々な旅客事業者ではじまっているが、小ロットでもOKなこと、低価格な送料など、地方の生産者にとって首都圏や地方の中核都市へ販路を広げる一助となることが期待される。

JR東日本