貨客混載・産直販売 九州各地の特産品を福岡都市圏へ、西鉄とアップクオリティ

2020/08/28

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
西鉄とアップクオリティ バスあいのり事業

首都圏で開催されている「バスあいのりマルシェ」。

西日本鉄道とアップクオリティは、高速バスの空きスペースを活用し、九州各地の特産品を天神・博多へ運び、販売する貨客混載・産直販売の取り組みを開始する。

本取り組みの「バスあいのり」事業については、本誌「農業ビジネス ベジ」Vol.25(2019年春号)でも紹介しているが、全国の農産品等を高速バスの貨客混載で首都圏に輸送・販売するというもの。

仕組みとしては、地方の生産者・団体にアップクオリティが生産物・特産物を発注(全量買い取り)し、高速バスの貨物スペースの空きスペースを利用し輸送。首都圏(大手町・丸の内・有楽町のオフィスビルや新宿タカシマヤなど)で、「バスあいのりマルシェ」を開催し販売するというもの。

「バスあいのり」事業は、生産者・地域にとっては、販路拡大、出荷数量の増加、販売単価の向上、特産品のブランディング等、運送事業者は、遊休スペースの活用、都市部消費者は、旬の新鮮な青果物を購入できるなどそれぞれがメリットを感じられる。

西鉄とアップクオリティ バスあいのり便事業

事業スキーム。

今回の取り組みは、九州島内を中心に高速バスのネットワークを持ち、福岡都市圏で商業施設や飲食店などの事業を営む西鉄グループと連携し、九州各地の産品の輸送・販売を行うというもの。

福岡では入手しづらい農水産物などの特産品を対象に、アップクオリティが産品を選定・仕入を行い、高速バスで輸送。その後、商業施設のイベントスペースやバスターミナルにおいて、「バスあいのりマルシェ」を開催して販売し、西鉄グループが運営する飲食店では、特産品を活用した特別メニューを提供する。

この取り組みにより、九州島内の生産地においては販路拡大・輸送コストの低減を図り、九州の一次産業の活性化が期待される。また、輸送先の消費地では特産品の購入機会の創出を図ることで、福岡都市圏の賑わい創出を目指す。

取り組みの第1弾として、9月2日(水)~9月15日(火)の14日間、宮崎交通の協力得て、福岡と宮崎を結ぶ高速バスを活用して宮崎の特産品を福岡へ輸送する。天神で開催するマルシェでは、当日の朝に採れたばかりの新鮮な野菜や加工品などを販売。また、西鉄プラザが運営する「博多やりうどん福岡店」と「アジアン磯貝じゃこくじら博多店」では特産品を活用した特別メニューを提供する。

両社では今後も、取り扱う特産品の充実や、九州各県への事業拡大を行いながら継続的に実施し、将来的には東京や名古屋などの本州都市圏への展開を目指すとしている。

※貨客混載輸送とは
旅客と貨物の輸送を一緒に行う形態のことで、昨今の物流分野における労働力不足への対応や環境負荷の低減を図るため、全国で取り組みが広まっている。今回の取り組みは、高速バスを活用することで少量の貨物をトラックなどの通常の配送方法と比べて早く、安価で輸送することができる。

産地直送あいのり便
アップクオリティ
西日本鉄道