農薬散布ドローン実演会を横浜で開催

2021/09/14

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

DJI正規販売代理店のセキドと農薬専業の化学薬品メーカーであるクミアイ化学工業は9月24日(金)、最新のDJI製農薬散布ドローン「AGRAS T20(アグラスT20)」による散布飛行実演会を横浜市で開催する。
セキド クミアイ化学工業 農薬散布ドローン 実演会 DJI AGRAS T20 ドローン スマート農業同実演会は、実機を用いた手動・自動散布の“デモ飛行”と、クミアイ化学工業による農薬の最新情報、セキドによる補助金を活用した導入紹介を含めた“座学会”の2つをセットにした、農業用ドローン導入に向けた不安や悩みを解決するイベント。

セキド クミアイ化学工業 農薬散布ドローン 実演会 DJI AGRAS T20 ドローン スマート農業

実演会のイメージ。

農薬散布の基本的な機能に加え、自動航行やRTK(高精度測位)など多くのインテリジェント機能を搭載する「AGRAS T20」について、実際の散布飛行を見ながら、導入への不安や悩みを解消できる絶好の機会。助成金・補助金を活用した導入の検討にも応える。

【実演会概要】
開催日時:9月24日(金)10:00~13:00
開催会場:セキド DJI 横浜ドローントレーニングセンター(神奈川県横浜市金沢区福浦1-5-2 横浜市金沢産業振興センター)
参加費:無料
募集人数:30名 ※定員に達し次第締切
内容:フライトデモ、座学会
詳細、申込方法などはこちら

【参照】DJI AGRAS T20

セキド クミアイ化学工業 農薬散布ドローン 実演会 DJI AGRAS T20 ドローン スマート農業

DJI AGRAS T20

DJI社のパワフルな性能と優れた噴霧性能を兼ね備えた農薬散布ドローン。広大な農地や台地、果樹園のようなさまざまな地形の上空を自律運転で作業遂行することができる。新機能の全方向デジタルレーダーなどを駆使して、農地の障害物を全水平方向から検知する。また、さまざまな地形上空を飛行しながら、自動で障害物回避可能で高いレベルでの安全運用を実現。リアルタイムFPVカメラと2つのサーチライトを搭載し、夜間でも包括的なライブビューを提供。日本仕様の16L薬剤タンクと最大7m散布幅が特徴。噴霧効率は、Agras MG-1P RTKと比較すると約2倍。8つのノズルと4つの大容量ポンプを搭載し、最大で毎分6リットルの散布が可能。また、保護等級IP67に対応しているので、機体本体を洗浄する際の水しぶきにも耐久、水清掃が行える。

DJI製農薬散布ドローン散布飛行実演会 in 横浜 2021.9.24
セキドオンラインストア
DJI認定ストア 東京虎ノ門
セキド虎ノ門本店 農業用ドローン相談窓口