本気で始めるライフシフト 「0.5ヘクタールで年商1000万円」の コンパクト農家になる!

2020/08/04

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農的暮らしに憧れる人は多いが、実際に仕事を辞めて生活を変える人はわずかだった。半年前までは。

6月の失業者数は236万人で、このうち会社都合や事業撤退などによる失業は19万人。多くの業種で業績が落ち込み、失業は免れてもボーナスや賃金カットがあちこちで起きている。これまでの価値観や常識は通用しない。そのことが徐々に浸透して、働きかた・生きかたを考え直す人が増えている。

テレワークの普及で、まず増えたのが都市部の貸し農園利用者だ。今も駅近など便利な場所にあればすぐに定員が埋まるという。
もう一歩進み、「仕事と暮らしを変える」という選択をする人もいる。本気で稼げる農業をめざす30~40代が集中したのが、オンラインセミナー「コンパクト農ライフ塾(第3期)」。インターネットの農学校「The CAMpus(ザ・キャンパス)」が主催し、「コンパクトでしっかり稼げる農家」を育てるという。

コンパクトさの具体的な数値は「0.5ヘクタール(1500坪)で年商1000万」。これを基準に、農マーケティング計画(⑭マイファーム代表・西辻一真氏)、農テクノロジー経営(⑭ポケットマルシェ代表・高橋博之氏)、農流通論(ハーブ農家・梶谷ユズル氏)、ファンコミュニティ形成(Ome Farm・太田 太氏)といった今を時めく次世代農ビジネスパーソン10名がそれぞれ濃密な講義をくり広げる。

日程は、2020年9月12日(土)~2020年10月17日(土)の毎週土曜日・全10回。全講座はオンラインかつリアルタイムでおこなわれ、講義後には講師と受講生のコミュニケーションタイムも。すべての講義を受講した後の最終回、受講生全員がプレゼンテーションをおこなう。
受講料は一般が17万8000円(税抜)。申込みは講義前日の2020年9月11日(金)午前10時まで(20名の定員に達し次第締切)。8/6(木)、8/17(月)、8/23(日)に無料オンライン説明会があり、気になる人は、まずは参加してみよう。

ホームページ
無料オンライン入塾説明会