イチジクを養液栽培して生産力をアップしよう! 12月3/4日に初級者向け研修会

2020/11/05

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

※写真はイメージです。

NPO植物工場研究会は12月3日から12月4日の2日間、「果樹作物別研修【イチジク】植物工場的な栽培システム設計から苗作り・栽培法まで」を開催する。今回は、募集定員が15人と少人数での開催となるため、会場実施型での開講を予定している。

同研修会では、イチジクを養液栽培するうえで基本の技術や背景となる理論、植物の特性を理解し、栽培管理に応用できる人材を育成する。

イチジクは結果習性や養水分吸収特性などの生理生態的特性を考えると、果樹の中でも比較的養液栽培向けの果樹と考えられる。果樹の生理生態的特性や繁殖は、蔬菜とは大きく異なるため、イチジクを養液栽培するにはそれらを十分理解したうえで行う必要がある。イチジクの養液栽培技術を、生理生態的特性、養水分管理、繁殖法などの理論および実習を通して学ぶことができる。

受講対象者は、イチジクおよび果樹の養液栽培に興味を持ち、事業参入を考えている生産者、個人、企業。初級者対象。

【募集概要】
対象:イチジクおよび果樹の養液栽培に興味を持ち、事業参入を考えている生産者、個人、企業。初級者対象。
開講期間:12月3日(木)~4日(金)
スケジュール:
2020年12月3日(木)
講義1「養液栽培の基礎」
講義2「そもそも果樹・イチジクとは」
講義3「コンテナを利用したイチジクの養液栽培」
講義4「生産者からの話」
2020年12月4日(金)
講義1「千葉大式イチジクの超密植根域制限養液栽培」
講義2「イチジク養液栽培のための栽培システムおよび苗作り実習」
講義3「質疑応答」
受講場所:千葉大学環境健康フィールド科学センター植物工場研修棟A棟1階研修室(千葉県柏市柏の葉6-2-1)
受講費用:4万4000円/人(消費税、教材費等込)
募集人数:15名程度
申込方法:ホームページの申込専用フォームから申込む。
応募締切:12月1日(火)
※定員に達し次第締め切り。
詳細な募集概要・申込方法はこちら

NPO植物工場研究会