松下政経塾が「農政フォーラム2021」を開催

2021/10/21

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

松下政経塾は11月17日(水)、「農政フォーラム2021~食料自給国家の実現に向けて~」を会場(北海道のホテルポールスター札幌)とオンラインで開催する。参加費は会場参加が2,000円、オンライン参加が1,000円。

イベント フォーラム 松下政経塾 農政フォーラム 食料自給率

※クリックして拡大

世界的な異常気象の頻発と世界人口の爆発的な増加などで、地球規模での食料危機への懸念が年々高まっている。こうした状況の中、日本の食料自給率は低下が続き、2020年度の自給率はカロリーベースで37%と過去最低となった。

同フォーラムでは、日本総合研究所の寺島 実郎会長が「日本の農業の現状と今後の展望」というテーマで基調講演に登壇。食料の大半を外国からの輸入に依存する現状に警鐘を鳴らす。そのほか、研究報告として「農政ビジョン2040~食料自給国家の実現に向けて~」(波田 大専氏・松下政経塾 第39期生)、「これからの日本の農業」をテーマにパネルディスカッションを行い、食料自給国家の実現に向けた具体的な取り組みについて考える。

【フォーラム概要】
開催日時:11月17日(水)18:30~20:30
開催場所:ホテルポールスター札幌(北海道札幌市中央区北4条西6丁目北海道札幌市中央区)、オンライン開催
参加費:会場参加2,000円/オンライン参加1,000円
定員:会場150名/オンライン定員なし
詳細、申込等はこちら

松下政経塾 農政フォーラム2021 ~食料自給国家の実現に向けて~
松下政経塾