農のシンポジウム、セミナー、相談会カレンダー【10月】

2020/10/01

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

※写真はイメージです。

農林水産省や地方自治体、研究機関などが10月に開催するシンポジウム、セミナー、相談会を紹介する。興味のある方は、参加してみてはいかだろうか。

■2020年度シンポジウム「水と農学」(オンライン開催)
(一社)日本農学会は、「水と農学」をテーマに2020年度シンポジウムを開催。農林水産業と水との関係や持続可能な水利用に関する諸課題にとどまらず、多彩な観点から水と農学の関わりについての講演を行う。講演題目は、「水を味方につける農作業-気候変動を乗り越え安定生産に向けて-」「気象環境に反応して水透過を制御する遺伝子」「水耕栽培における大きな脅威-水媒伝染性植物病原菌」「森里海を繋ぐ森林からの流出水」「農業水利施設を利用する水草たち」「農地土壌における水移動と環境保全」「海の豊かさを支える小さな力持ち」。

開催日時:10月3日(土)13:00~17:00
開催場所:オンライン(Zommウエビナー)開催
参加費:無料
申込方法など詳細はこちら

■有機農業等による新規就農の相談を受付【東海農政局】
東海農政局は、「オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村」において、有機農業等の新規就農希望者を対象に、国の支援策や新規就農の方法などの相談を受け付ける。

受付日時:10月17日(土)9:30~11:30
受付場所:オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村(事務局)
愛知県名古屋市東区東桜1-11-1
対応者:経営支援課 新規就農担当者
相談内容:
・新規就農に関する農林水産省の施策(支援策)について
・新規就農の方法について(関係機関の役割および支援体制(紹介)/就農までの流れ/留意点等)
詳細はこちら

■令和2年度食品表示制度セミナー【北海道・北海道農政事務所】
2017年9月に「食品表示基準」が改正・施行され、国内で作られたすべての加工食品に対して、原料原産地表示を行うことが義務付けられた。本制度の猶予期間は2022年3月末までとなり、食品事業者は、それまでの間に新たな原料原産地表示に対応しなければならない。「新たな加工食品の原料原産地表示制度について」、「遺伝子組換え食品の表示について」、「食品衛生法におけるHACCPの制度化について」など新たな原料原産地表示など食品表示をめぐる最近の課題についてセミナーを行う。参加費無料。いずれの会場も定員を超えた場合は先着順。

・函館会場
開催日時:10月19日(月)13:30~16:00
開催場所:北斗市総合文化センターかなでーる 大会議室
北斗市中野通2-13-1
定員:80名
申込期限:10月8日(木)

・釧路会場
開催日時:11月13日(金)13:30~16:00
開催場所:釧路市交流プラザさいわい 多目的ホール
釧路市幸町9-1
定員:50名
申込期限:11月2日(月)
申込方法など詳細はこちら

■Web講演会「コロナ新時代の食と農の思想」【農林水産省】
農林水産省農林水産政策研究所では、新たで複雑な問題に対応するため、多様な分野の第一線で活躍されている外部の専門家を客員研究員として招へいしている。このたび客員研究員の藤原辰史氏(京都大学人文科学研究所准教授)による「コロナ新時代の食と農の思想」をテーマにWeb講演会を開催。 新型コロナウイルス感染症の拡大を経験したいま、食と農の根幹を人文学の観点から考える。

開催日時:10月20日(火)14:00~16:00
開催場所:オンライン(Zoom)開催
定員:約500回線(先着順)
参加費:無料
申込期限:10月13日(火)
申込方法など詳細はこちら

■農研機構・カセサート大学・FFTC共催国際シンポジウム「スマートフードバリューチェーン ―新たなアジアの食品流通に向けて」
農研機構は、タイ国立カセサート大学、FFTC(台湾:Fertilizer Technology Center )と共催で、「スマートフードバリューチェーン ―新たなアジアの食品流通に向けて」をテーマに国際シンポジウムを開催。プログラムは、「食料生産のスマート化」「食品加工、流通のスマート化」「消費者選好、マーケティングのスマート化及び国際標準化」。当初会場での参加募集があったが取りやめとなり、オンライン開催。

開催日時:10月29日(木)10:00~18:10
開催場所:オンライン開催
定員:500名
参加費:無料
申込期限:10月13日(火)
申込方法など詳細はこちら

■「九州農業の成長産業化に向けた6次産業化セミナー ~女性の活躍とICT技術の活用で地域を活性化!~」を開催【九州農政局】
九州農政局は、九州農業の成長産業化と地域の活性化につなげるため、「九州農業の成長産業化に向けた6次産業化セミナー」を開催。全国で活躍する6次産業化プロデューサーによるICT技術を活用した6次産業化と経営発展についての講演や、インターネット等による販路拡大を実践する女性農業者の取り組みを紹介する。

開催日時:10月30日(金)13:30~17:00
開催場所:熊本地方合同庁舎B棟2F大会議室 熊本市西区春日2丁目10番1号
定員:100名
参加費:無料
申込期限:10月12日(月)
申込方法など詳細はこちら

■「有機農業実践講座 秋冬野菜栽培」&セミナー「有機野菜栽培の基礎からアイデア栽培まで」
NPO法人有機農業参入促進協議会は、「有機農業実践講座 秋冬野菜栽培」&セミナー「有機野菜栽培の基礎からアイデア栽培まで」を開催。神奈川県平塚市で、自然の仕組みや植物の生態を知り体感しながら、栽培のポイント、土づくり、病害虫対策から経営までを学ぶ。10月30日は、公開セミナー「有機野菜栽培の基礎からアイデア栽培まで」を開催し、この日のみオンラインでの参加も可能。

開催日時:10月30日(金)~11月1日(日)
開催場所:平塚商工会議所 神奈川県平塚市松風町2−10
参加費:
有機農業実践講座:受講料(3日間)15,000円。2日目のみ参加:10,000円、3日目のみ参加:5,000円。
初日セミナーのみ参加:2,000円(リアル・オンライン参加ともに)
宿泊・食事代 15,000円(2泊5食)
※近隣在住者は宿泊なしで3日間参加も可能。
申込方法など詳細はこちら