九州沖縄経済圏スマートフードチェーン事業化戦略会議を開催

2020/09/24

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

※写真はイメージです

農研機構は9月17日、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点で延期になっていた「九州沖縄経済圏スマートフードチェーン事業化戦略会議」を10月6日(火)に福岡県で開催すると発表した。開催場所は、福岡市中央区の電機ビル共創館4階にある「みらいホール&カンファレンス(ホール)」。なお、会場参加は招待者(参加登録者)60名限定(先着順)。

会議の内容は、講演と各課題研究成果の説明、質疑応答となっており、会場開催とweb配信で行われる。

当日発表される研究成果は、「和牛肉の輸出に向けた海外消費者へ向けのアピール戦略」「ミニマムヒーティングによる水産加工品等の長期保存技術」「輸送中のかんしょ腐敗問題の対応」「イチゴの輸出促進に向けた課題解決と産地形成」「施設園芸トマト収穫予測技術」。

ほかにもZoomによる個別配信では、「イチゴの輸出促進に向けた課題解決と産地拡大」「米粉用米の産地拡大と米粉適性の解明(生産)」「米粉用米の産地拡大と米粉適性の解明(適性)」「β-グルカンリッチなもち性大麦品種群の産地拡大と用途開発」「輸送中のかんしょ腐敗問題の対応」「ミニマムヒーティングを活用した水産加工品等の長期保存技の開発」「リーファーコンテナ青果混載技術の開発」「施設園芸トマト収穫予測技術の開発」「和牛肉の販売戦略立案と品質アピールコンテンツ確立」となり、各プロジェクトの説明・質疑が行われる。

興味のある方は参加登録をしてみては。

【開催概要】
日時:10月6日 13時~16時20分
場所:みらいホール&カンファレンス(ホール)
福岡県福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館4階
開催方法:会場60名(先着順)およびWeb配信
事務局:農研機構本部事業開発室☎029-838-6962
E-mail:q_smart_entry@ml.affrc.go.jp
詳細はこちら

農研機構