食農体験を活用した「就農・定住体験」のインターン受入施設募集

2020/08/18

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする


ブランド総合研究所は、農林水産省の「地域活性化対策(人材発掘事業)」の採択を受け、農村地域への移住促進と活性化対策として食農体験を活用した研修事業を実施。その研修生(インターン)を15日間受け入れる地域・施設(全国で6施設)を募集する。募集締切は、8月31日(月)12時まで。

本事業は地域の農業の活性化や担い手の募集につながる体験研修(インターン)を地域で実施し、具体的な体験を通して食や農、地域についての魅力を知ってもらい、実際の就農や定住につなげてもらうのが狙い。

研修生の募集、研修に係る費用(研修生の交通費・宿泊費を含む)などは地域には一切負担がない。

研修生は3大都市圏の40代前後の方を中心に30名(各地域5名ほど)を想定。研修期間は10月から1月までの3週間(休日を除き、研修日数は15日間)。研修(就農・定住体験)の内容は、各地での農業、食品加工、飲食、食品流通などの実務を経験するとともに、その地域の文化や観光なども通して、地域の魅力を存分に感じてもらえる内容を予定している。

人口の減少・高齢化、地域コミュニティの活力低下などや、農家の担い手不足など対処すべき問題に対し、今回の新型コロナウイルス流行をきっかけに、農業の見直しや、地方移住への興味が高まる中で、今回の取り組みを通じて、課題の解決につなげたいとしている。

【事業概要】
応募資格:農山漁村において、就業の場を提供可能な農業や食に関連した施設または団体で生産者、食品加工業、飲食業と連携可能なリーダーを有する組織・施設等
受入人数:1地域・施設ごとに5名程度(全国で計30名)
受入期間:10中旬~1月の3週間(日程は希望により調整)
応募地域・施設数:6件程度
募集締切日:8月31日(月)12:00
内容:
■食や農業に関する内容
①収益性の高い高付加価値な農産品や地域性の高い産品の栽培に関するもの
②それらを活用した付加価値の高い加工品やメニューなどに関するもの
③農産品直売所による流通・販売に関するもの
④食育や観光などにつながる農業体験に関するもの

■地域の魅力を感じ、定住につなげる内容
⑤地域の魅力や風習、文化などに関するもの
⑥地域での交流やコミュニティへの参加
⑦就農や定住につながる各地の支援・補助など

■その他
⑧食農体験ソムリエ資格の取得(事務局主催による研修)
⑨その他

問い合わせ・申し込み:ブランド総合研究所 食農体験ネットワーク協議会事務局☎03-3539-3011
申込専用サイトはこちら