生産者と飲食店がつながるアプリ「フレマル」

2021/06/22

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

スマイルファームは、生産者と外食産業をつなぐ食の総合プラットフォーム「フレマル」を6月18日にリリースした。フレマル スマイルファーム ECサイト 食材マーケットプレイス

「フレマル」は、スマホやタブレット、パソコンなど好きな端末で食材の出品や業務用品の購入ができる、生産者と飲食店がface to faceでつながる食の総合プラットフォーム。

フレマル スマイルファーム ECサイト 食材マーケットプレイスフレマルの特徴は、生産者とシェフが直接つながり、信頼関係を築きながら食材や道具の仕入れができる点だ。

フレマル スマイルファーム ECサイト 食材マーケットプレイス生産者は、圃場や畑などの生産現場から気軽に商品登録ができる。スマホ、タブレット、パソコンなど好きな端末で出品が可能で、3ステップで出品画面を作成できる。SNSのようにハッシュタグ検索も可能で、ハッシュタグを登録することができる。また、畑から生中継を配信し、生産者は畑の様子や食材の魅力を自分の言葉で伝えることもできる(プレミアムプラン)。

発送には、発送予定日にヤマト運輸が発送伝票を印字したうえで集荷にきてくれる「フレマル便」というオプションサービスも用意されている。通常の送料よりも配送料がお得になる(当日発送は不可)。

フレマル スマイルファーム ECサイト 食材マーケットプレイスシェフは、食材のストーリーを理解しながら仕入れができるため、そのストーリーをメニューに付加価値として加えることが可能だ。1対1のメッセージ機能で生産者とシェフがやり取りでき、フォロー機能で気になる生産者の情報発信を見逃さない仕掛けとなっている。さらに、道具をリース(サブスク)で入手できるため、飲食店は新しい道具を、初期費用を抑えて入手できる。

「フレマル」は、フードロス問題や一次産業が抱える課題、コロナ禍により苦戦を強いられる飲食業界の課題、DXが推進される現代の本質的課題の3つを解決するべく、立ち上げられた。生産者のマーケティング力向上・収益力向上をプラットフォームを通じて支援し、さらに外食産業の業務効率化や付加価値力の向上を支援。情報過多な現代において食にかかわる全てのものが揃うことで、利便性を高めたサービスとなっている。

飲食店向けに生産物を販売してみたいと思っている、販路開拓を感がている生産者は、登録を検討してみては。

【サービス概要】
登録対象:農業、漁業、畜産(食肉加工業含む)、養鶏(鶏卵)、酒造、ワイナリー、加工食品業
販売手数料:売上代金の20%(決済手数料含む)
振込日:売上は月末に締め切り、翌月末に指定の銀行口座に振り込まれる(販売手数料を差し引きした金額)
利用料金(月額):
フリープラン:無料
レギュラープラン:980円(税別)
プレミアムプラン:1,980円(税別)
※加工食品を販売する場合は、営業許可のある場所で加工された製品であることが必要。また、鮮魚の販売についても、魚介類販売業許可が必要となる
※オープニングキャンペーンにつき、6か月間無料でレギュラープランを利用できる(12月31日まで)

フレマル
フレマル事業概要説明ページ
フレマルPR動画(YouTube)
生産者向け案内ページ
スマイルファーム