移動八百屋「食べチョクカー」 産直野菜など販売

2021/09/15

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

食べチョク ビビッドガーデン Mellow 食べチョクカー 移動型八百屋産直通販サイト「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは、日本最大級のモビリティビジネス・プラットフォーム「SHOP STOP」を展開するMellowと連携し第1弾として、移動型の八百屋「食べチョクカー」を始動する。また、この移動型八百屋の運営メンバーのエントリー受付を開始した。

食べチョク ビビッドガーデン Mellow 食べチョクカー 移動型八百屋

食べチョクカーのイメージ。

移動型の八百屋「食べチョクカー」は、生産者から直接仕入れたこだわり食材をマンションの敷地内で販売するプロジェクト。買い物と同時に受け取るQRコードで、後日オンラインで同じ生産者のから「食べチョク」内で買い物が可能。また、生産者から直接仕入れたおすすめの食べ方やこだわりの情報を届ける。

食べチョク ビビッドガーデン Mellow 食べチョクカー 移動型八百屋

「食べチョクカー」概要。

「食べチョクカー」は、これまでインターネットで購入することに抵抗があった人も1個単位から購入できるため、「食べチョク」を使ったことのない人にも気軽に楽しんでいただける機会を提供する。実際に商品を見て少量から試し、安心感、納得感を得てから、インターネットで購入できるというもので、オンラインとオフラインで連動できることが特徴だ。

また、マンションや公園・商業施設など生活の場所の近くで販売することで、人が集まる場所に移動せずにこだわり食材を直接見て買う体験を提供。スーパーなどではなかなか見かけない専門店や高級飲食店などに卸されるような生産者のこだわり食材もそろえる。

同取り組みは、「食べチョクカー」を都内2~3か所のマンションなどで10月から3か月間、期間限定でスタート。順次場所の拡大を進めていく予定だ。同取り組みはMellowが提供する車両や出店場所、運営スタッフの手配など、モビリティ事業への参入をワンストップでサポートする企業向け「店舗型モビリティ導入プラン」の第1弾の取り組みとなる。

現在、店舗の運営を全て任せるメンバーの採用を開始。マンションの敷地で、食べチョクで生産者から直接仕入れた食材を販売する。普通自動車免許(AT限定可)は必須。
運営メンバー募集の詳細はこちら

【参照】移動型店舗を運営する「Mellow」について

Mellowは、オフィス街、住宅街、病院といった多様なロケーションを停留所として、個性豊かな移動型店舗「ショップ・モビリティ」を配車するプラットフォームサービス「SHOP STOP」を運営する会社。キッチンカーを中心とした1,200店以上と提携し、首都圏・関西・九州エリアで展開中。フード以外には、「豊洲市場仲卸による鮮魚販売モビリティ」、「保険の相談モビリティ」などのショップ・モビリティ運営ノウハウも有し、さまざまな業態のモビリティ化を促進している。また、キッチンカーの開業、経営に関する無料相談や、キッチンカー参入の障壁となる初期費用、営業場所の確保、保険などのリスクへの備え、営業ノウハウなどあらゆるサービスをワンパッケージにした日本初の飲食事業者向けMaaSサブスプリクション「フードトラックONE」を展開するなど、モビリティビジネスへ参入する事業者のサポートを行なっている。

今回同社が提供する、企業向け「店舗型モビリティ導入プラン」とは、各企業のコンテンツに最適な店舗型モビリティのリース、オフィス街やマンション、商業施設、公園といった出店ロケーション調整をはじめ、モビリティ事業へ参入するにあたり必要なさまざまなリソースをワンパッケージで提供するプラン。これにより、リスクをおさえたモビリティ事業立ち上げが可能となる。

食べチョク
ビビッドガーデン
Mellow