小田急 ✕ 若手農家 新百合丘駅で地元野菜直売

2021/03/25

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

小田急電鉄は3月26日(金)と4月9日(金)に、小田急線新百合ヶ丘駅にて、川崎市麻生区を中心に活動する若手農家グループ「畑から、台所へ。」と協働し、地元で収穫された新鮮野菜の直売イベントを開催する。

小田急電鉄 畑から、台所へ。 若手農家グループ 駅で野菜を直売 新百合丘駅

プロジェクト展開イメージ。

これは、既存の鉄道資産を有効に活用することで付加価値を高め、多くの利用者が魅力を感じる沿線を目指すプロジェクトの第1弾。列車運行や設備管理の担当部も参画する鉄道部門のプロジェクトチームが中心となって、鉄道資産の有効活用アイデアを社内横断的に募集し、新たな価値創出、地域の魅力発信および地域課題解決に取り組むことにより、利用者「ゆたかなくらし」の実現に貢献することを目標としている。

小田急電鉄 畑から、台所へ。 若手農家グループ 駅で野菜を直売 新百合丘駅

今回のイベントを協働する若手農家グループ「畑から、台所へ。」のメンバー。

新百合丘駅がある川崎市麻生区は、小田急沿線のなかでも都市農業が盛んな地域の1つ。川崎市麻生区の若手農家グループ「畑から、台所へ。」は、新たな顧客層に対し、地元野菜の美味しさや魅力を幅広く知ってもらうことを課題としており、イベントや商業施設への出店・YouTubeによるプロモーションなどに取り組んできた。

そうした両者が協働し、川崎市北部地域のターミナル「新百合ヶ丘駅」にてエリアの魅力として「地元野菜」を発信し、生産者と消費者の接点を創出する。

小田急電鉄 畑から、台所へ。 若手農家グループ 駅で野菜を直売 新百合丘駅

直売イベントが行われる小田急電鉄・新百合丘駅。3月26日は中央西口改札内(写真左)、4月9日は南口付近(写真右)で16:00~19:00に開催される。

直売イベントは、電車利用客の帰宅時間にあわせ、鉄道部門社員が「畑から、台所へ。」とともに地産の野菜や果物、卵を特設スペースで販売し、収穫体験等のイベントに関する発信などを行う。これにより、日常の動線の中で地域の魅力に触れる機会を創出し、地元への愛着醸成を目指したいと考えている。

小田急電鉄では、今後も社員によるアイデアを具現化し、駅以外の鉄道資産も総動員しながら、沿線の魅力を再発見できるようなプロジェクト発の施策を実施していく。

【イベント詳細]
開催日時:3月26日(金)16:00~19:00、4月9日(金)16:00~19:00
開催場所:小田急電鉄「新百合丘駅」(3月26日は中央西口改札内、4月9日は南口付近)
内容:地元野菜・卵・果物(麻生区産)の販売/体験イベント(収穫体験)の発信

小田急電鉄
「畑から、台所へ。」Facebook