タイとベトナムで日本のGI産品が登録

2021/07/02

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農林水産省(以下農水省)は6月30日、タイとベトナムで日本の地理的表示(GI)産品の登録が行われたことを発表した。山形県の東根さくらんぼがタイで、長野県の市田柿がベトナムで新たに登録された。

地理的表示(GI)保護制度は、地域で長年育まれた特別な生産方法によって、高い品質や評価を獲得している農林水産物・食品の名称を品質の基準とともに国に登録し、知的財産として保護する制度。世界100か国を超える国や地域でGI保護制度が運用されている。

農水省は、2017(平成29)年からタイ王国商務省(知的財産局)およびベトナム社会主義共和国科学・技術省(知的財産庁)との間で、協力覚書(MOC)等に基づきGIの相互保護に向けた協力を進めており、その一環として各国のGI保護制度に自国の産品を申請して登録を行う協力事業に取り組んでいる。

農林水産省 GI登録 MOCタイとのGI相互保護申請協力事業では、4月27日に東根さくらんぼ(山形県)が1例目として登録された。なお、タイのGI制度では登録の効力が申請日に遡及するため、保護開始日は2019年1月21日となる。

農林水産省 GI登録 MOC
また、ベトナムとの同協力事業では、鹿児島黒牛(鹿児島県)に続く2例目となる、市田柿(長野県)が6月14日に登録された。日本においてはベトナムの産品「ルックガン ライチ」(バックジャン省ルックガン県)が3月12日に登録されている。


【参照】

●東根さくらんぼ(2017年(平成29)年4月21日に登録)
登録生産者団体:果樹王国ひがしね6次産業化推進協議会
生産地:山形県東根市及び隣接市町の一部
特性:栽培に適した気象や土壌、栽培方法や規格管理の徹底により、大玉で甘さと酸味のバランスに優れた食味が特徴。
地域との結び付き:サクランボの最高級品種「佐藤錦」発祥の地。生産者の栽培技術や品質向上に向けた取り組みにより、高品質のサクランボを広く提供できるようになり、日本一の生産量を誇っている。東根市をはじめ地域全体のサクランボによる町おこしの取り組みが、「東根さくらんぼ」の知名度の向上に繋がっている。

●市田柿(2016年(平成28)年7月12日に登録)
登録生産者団体:みなみ信州農業協同組合
生産地:長野県飯田市、長野県下伊那郡ならびに長野県上伊那郡のうち飯島町および中川村
特性:地域発祥の品種で、糖度が高く、小ぶりな市田柿を用いた干柿である。伝統的な方法を活かした干し上げやしっかりとした揉み込みを行うことにより、飴色で、もっちりやわらかな食感と肌理細かなブドウ糖の粉化粧をもつ。
地域との結び付き:原料の市田柿は下伊那郡高森町が発祥の地。この地域は昼夜の寒暖差が大きいため、高糖度の原料柿ができること、晩秋から初冬にかけて川霧が発生し干柿の生産に絶好の温度と湿度が整う地域であることから、高品質の干し柿が産出できる。干し柿の生産シーズンに各生産農家にかけられる柿のれんは当地の風物詩となっている。

農林水産省プレスリリース
【参照】新規GI登録「甲子柿」と「ルックガン ライチ」