GIに「わかやま布引だいこん」「大口れんこん」

2021/06/02

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農林水産省は5月31日、「わかやま布引だいこん」と「大口れんこん」を新たにGI(地理的表示)登録したと発表した。これでGI登録された産品は合計で109品目(内1産品は登録削除)となった。

地域には、伝統的な生産方法や気候・風土・土壌などの生産地等の特性が、品質等の特性に結びついている産品が多く存在している。これらの産品の名称(地理的表示)を知的財産として登録し、保護する制度が「地理的表示保護制度」。

ちなみに同制度は、商標権と異なり、特定の名称を使用することについて、生産者に独占的・排他的権利を与えるものではなく、地域共有の知的財産として保護するものであり、不正使用があった場合には行政が取り締まる等の特徴がある。

GIへの登録によって、専用のマークを付けることができ、ブランドを守りやすくなる。また、一般認知度が向上したり、市場価値が向上したりと産品の価値が高まることが期待される。

今回、GI登録された2産品の概要は以下の通り。

■わかやま布引(ぬのひき)だいこん

GI登録 わかやま布引だいこん ブランド化 地理的表示

(出典:農林水産省)

和歌山県の農産物としては初となる登録(農産物以外では「紀州金山寺味噌」が登録されている。また、国税庁所管では「和歌山梅酒」が登録されている)。

「わかやま布引だいこん」は、やわらかく、水分を多く含むため、おでんやぶり大根などの煮物に適しているほか、生で食べてもおいしいという。

登録生産者団体:わかやま農業協同組合
生産地:和歌山県和歌山市布引地区、内原地区、紀三井寺地区、毛見地区
特性:
生産地である和歌山市布引地区、内原地区、紀三井寺地区、毛見地区の砂質土壌で生産される青首大根で、根部の上から下まで太さがそろいヒゲ根が少なく、毛穴が浅く肌のきめが細かい。また、市場関係者からも、産品の品質の良さが評価され、高値での取引に繋がっている。
地域との結び付き:
生産地の砂質土壌は、通気性、排水性に富み土中深くまで酸素の供給が良く、しかも柔らかい土壌のため、産品の生育には好適であり、一級河川の紀ノ川も近く地下水も豊富なため水管理も容易である。また、系統試験と収穫適期の設定については、平成11年以降、当初の生産者を中心とした実施から、わかやま農業協同組合が引継ぎ、管理を徹底している。

■大口(おおくち)れんこん

GI登録 大口れんこん ブランド化 地理的表示

(出典:農林水産省)

新潟県としては、「くろさき茶豆」、「津南の雪下にんじん」に続く3例目の登録となった。

栽培される大口地区一帯は、窒素系有機物を多く含む粘土質の土壌で、地下水が豊富。稲作よりレンコン栽培に向くことから100年ほど前に生産が始まった。現在は計73haを作付ける。

登録生産者団体:大口れんこん生産組合
生産地:明治22年3月31日における行政区画名としての新潟県南蒲原郡大口村、池之島村、押切新田、思川新田、大曲戸村、大曲戸新田、灰島新田、中興野、坪根村(現新潟県長岡市中之島上通地区)
特性:
厳しい出荷基準により、傷みがなく、穴に一切泥が入っていないれんこんを出荷しており、調理しても白い果肉の黒紫色化が起こりにくい。果肉の白さや、食感がシャキシャキとして歯ごたえがあり、甘み・旨味・風味を感じられる点が評価され、産地指定での注文が増加している。
地域との結び付き:
れんこんは高温性植物で、経済栽培限界は、茨城県、栃木県以南といわれるが、生産地区は古くからガス田や温泉開発が行われており、地下水温が市内平均より高めなため、その地下水を利用することで、れんこん栽培が可能となっている。

農林水産省「地理的表示(GI)保護制度」