高機能・低コスト大規模園芸施設の提供へ オランダ大手企業とタッグ イノチオアグリ

2020/09/16

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

農業用の温室を施工、販売するイノチオアグリは、大規模化する日本国内の施設園芸市場に向けた新たなソリューションを提供するため、Bosman Van Zaal(ボスマン・ファン・ザール)社(オランダ)と9月11日に業務提携契約を締結した。イノチオアグリ ボスマン社

この提携によりイノチオアグリにて、施設園芸先進国オランダでもトップクラスの技術力を持つBosman Van Zaal(ボスマン・ファン・ザール)社の大規模温室をはじめとする施設・設備を日本国内で施工販売することが可能となる。

イノチオアグリ ボスマン社

Bosman Van Zaal(ボスマン・ファン・ザール)社の大規模温室(左)、次世代園芸施設(右)。

Bosman Van Zaal(ボスマン・ファン・ザール)社は、野菜、花キ、医薬品作物にいたる作物生産のための園芸施設やシステムを開発・設計・施工する、創業100年の温室設備メーカー。60人を超すエンジニアによる専門知識を生かして世界中で高度なプロジェクトを展開している。

特筆される技術の一つが、温室の屋根にプラスチックフィルムを展張する「テンション技術」。屋根構造を省部材化することで温室の採光率を向上させると同時に低コスト化を実現した。

今後は、ボスマン社と技術面でも連携し、高機能かつ低コストな温室の開発にも着手する計画とのこと。施設園芸先進国オランダの施設・技術を日本型にアレンジした高収益・低コストな次世代施設園芸モデルの登場が期待される。

イノチオアグリ
イノチオホールディングス
Bosman Van Zaal(英語)