農業のブランド作りを学ぶ「農業デザインゼミ」

2021/03/11

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

「農業と地域をデザインで変える」をミッションに活動するデザインブランディングカンパニーのファームステッドは3月24日(水)、コロナ禍で高まる、農業のブランド作りについて学ぶ「ファームステッド 農業デザインゼミ~今やるべき農水産物のインターネット産直販売とは?」を開催する。

ファームステッド オンラインゼミ ブランディング 農業デザイン ECコロナ禍による新しい生活様式がスタートし、そんな中、農業・食・地域は、外出自粛等による食料消費への影響に伴い、農業生産者、食品産業への影響が取り沙汰されている。一方で、多くの家庭で外食から自宅での食事に変わったこともあり、直接農業者から食材を調達して、家庭で料理する機会が増えたことに伴い、食への関心が高まっている現状がある。

一般の消費者が、安全性やおいしさなどの「こだわり」を農畜産物(野菜や果物なども)に持つようになり、だからこそ、消費者は信頼できる生産者から、直接購入買いたいと思い農業の「距離感」が近くなってきている。そのことにより、生産者による直販のニーズが高まっており、だからこそ「農業者の顔」を作り、今までと異なり、農業者自身が自分たちのことを客観視し、個々で発信し、指名買いしてもらう、という流れが求められている。

「ファームステッド 農業デザインゼミ」では、コロナ禍による新しい生活様式が始まる中、農業生産者・食・地域に関わる人々に向けて、自分たちの作っている農作物や地域にはもっと誇りや価値があることへの気づきや、農業のブランド作りとは何かを学ぶことができる。

日本全国をくまなく回り、150以上の生産現場のデザインブランディングを行ってきた同社の事例から、「今の時代にこそ必要な農業デザインとは何か?」「なぜ農業にデザインが必要なのか」「デザインを変える時はどんなところに着目すればいいのか」など農業者が「農作物・加工品を売るためにやるべきこと」は何かを考えながらその時々に必要なテーマを取り上げる。

第2回目となる今回は、「今やるべき農水産物のインターネット産直販売とは?」がテーマ。全国の農家・漁師と直接やりとりしながら食材を買えるオンラインマルシェアプリ「ポケマル」の中山 拓哉氏をゲスト講師に迎え、その可能性と使いこなし方、これからの展望などを伝える。事例なども紹介しながら実践的な内容のデザインゼミとなる。

人数を限定したZoomのミーティングで開催するので、講師からのセミナータイムと参加者も交え自由に質問やディスカッションする懇親会も行い、参加者同士の繋がりと学べるゼミだ。

参加費は無料で、定員は約20名。

オンライン販売を考えている人、すでに行っているが差別化ができていないと考えている人、パッケージデザインを考えている人、ブランディングを考えている人など、ゼミに参加してみてはいかがだろうか。

【オンラインゼミ開催概要】
開催日時:3月24日(水)19:00~20:30
開催場所:オンライン開催(Zoomのミーティング使用)
内容:ゼミ(19:00~20:00)と懇親会(20:00~20:30)
ゲスト講師:ポケットマルシェ 生産者/CS部 部長 中山 拓哉氏
参加対象:農業、漁業など1次産業に従事者、食品加工など製造業者、地域ブランドを推進したい自治体などそれに準ずる人限定
参加費:無料
定員:約20名(定員になり次第締切)
申し込みフォームはこちら

ファームステッド