アジア市場へ販路開拓を目指す商談会参加者募集

2021/04/14

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

長引く新型コロナウィルス感染の影響により、国内での販路を失った生産者、すでに海外での販路を開拓していたが物流・販路が滞ってしまった生産者も多いだろう。そうした中、JTBが主催する「Japanese Foods Premium Trade Fair」の開催が決定した。新たな販売先として海外を視野に入れている生産者、海外販路の再構築を目指す生産者にとって、ビジネスチャンスの機会として活用したい。

Japanese Foods Premium Trade Fair JTB 海外販路 個別商談会「Japanese Foods Premium Trade Fair」は、日本の優れた農産物を海外バイヤーに紹介し、新規市場の開拓につなげる個別商談会と、観光客の土産消費拡大を目的としたフードショーとして、2019年から開催されているイベント。日本の農林水産物や食品の魅力を世界に発信するとともに、海外のバイヤーと日本の生産者をマッチングすることを目的とし、これまで上海、香港、台北、バンコク、シンガポール、クアラルンプールなどアジアの大都市に日本の生産者が出向き、直接現地バイヤーと商談ができる個別商談会と、日本食に関心の高い消費者を招いたフードショーで構成され、生産者が自身の農産物をアピールする機会を創出してきた。

今回は台北、シンガポール、香港の3都市で開催を予定しており、台北が10月19・20日、シンガポールが2022年1月18・19日、香港が2022年2月24・25日。参加募集数は30社、招聘バイヤー予定数は60社以上(輸入商社、小売、卸、レストラン、ホテル等)。参加費用は1会場220,000円(税込)。※渡航旅費・販路支援メニュー参加費・通訳費等は別途必要。なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、オンラインでの参加も可能だ。

また、農林水産省では新型コロナウイルス感染症の拡大により、日本の農産物の輸出減少や商談機械の喪失の影響を受けた事業者に向けて、新しい海外市場への販路耕畜の支援を行っている。「日本産農林水産物・食品の輸出商談等緊急支援事業」は、海外に赴いて商談等を行う事業者向けの補助金。「Japanese Foods Premium Trade Fair」の参加に係る各種経費も補助対象となるので、交付要件等については募集サイトを確認すること。

現在、参加者を募集中(募集設定数に到達次第締切)。海外への販路獲得を目指している生産者は問い合わせてみては。

【開催概要】
開催日時:
台北:10月19日~20日
シンガポール:2022年1月18日~19日
香港:2022年2月24日~25日
開催会場:
台北:台北シーザーパークホテル
シンガポール:マリーナベイ・サンズ・エキスポ&コンベンションセンター
香港:PANDA HOTEL
開催内容・規模:B to B個別商談会 参加者数30社、招聘バイヤー60社以上
※シンガポールでの櫂アイは、マレーシア・タイ。ベトナム等からもバイヤーを招聘。
参加費用:各会場220,000円(税込)
※渡航旅費・販路支援メニュー参加費・通訳費等は別途必要。
問い合わせ:JTB 霞が関事業部 営業3課 Japanese Foods Trade Fair 海外商談会事務局☎03-6737-9401
開催詳細や申込方法など詳細はこちら

Japanese Foods Premium Trade Fair
【参照】日本産農林水産物・食品の輸出商談等緊急支援事業