日本初「いちご学科」創設の栃木県農業大学校 オープンキャンパスを開催

2020/08/25

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

栃木県農業大学校「いちご学科」栃木県は、2021年4月に栃木県農業大学校に日本初となる「いちご学科」を創設する予定だが、オープンキャンパスの開催を発表した。

オープンキャンパスは、9月6日(日)および10月4日(日)に開催する予定。両日とも定員は30名程度(先着順)。

オープンキャンパスでは、模擬授業や実習体験、個別相談を実施する。現時点では、9月6日のオープンキャンパスの参加者を募集しており、申込締切は8月28日。10月4日についての申し込みについては、後日発表される。

【オープンキャンパス概要】
実施日:9月6日午後1時から
場所:栃木県農業大学校(栃木県宇都宮市上籠谷1145-1)
対象:栃木県内でいちごの就農を目指す者
定員:30名程度(先着順)
負担金等:無料
申込締切:8月28日(金)
申込方法:いちご学科HPの申し込みファームから申し込む

●「いちご学科」について
栃木県のイチゴ収穫量は18年度2万4900で、51年連続全国1位。「いちご学科」では、県内外から若い世代を募り、イチゴ栽培に関する技術と高い経営能力を育むことで、今後のイチゴ農家を担う人材を育成したい考えだ。1期生は10名を募集する。同学科は2年制。1年次は農業の基礎的知識やイチゴの栽培技術の習得、2年次は現場での実践的な技術と経営管理能力の習得を目指す。少人数を生かしたゼミ形式の授業や、先進的なイチゴ生産者のもとでの実習を通じ、卒業後の円滑な就農につなげる。

【募集概要】
対象者:いちご経営に強い意欲を持ち、卒業後に栃木県内で就農し、本県農業の未来を切り拓く農業経営を志す者。
受験資格:
・高等学校を卒業した者、令和3(2021)年3月に高等学校卒業見込みの者等
・令和3(2021)年4月2日時点で18歳以上である者
※年齢の上限は設けない
募集人員:10名
出願期間:10月9日(金)~11月9日(月)
入学試験:12月6日(日)
合格発表:12月24日(木)
受験費用:4,400円
試験会場:栃木県農業大学校 教育研修棟(栃木県宇都宮市上籠谷町1145-1)
2年間で必要な経費:
1年次:入学金・5,650円/授業料・124,800円
2年次:授業料・124,800円
※その他教材費等が別途かかる。

栃木県農業大学校「いちご学科」