神戸市で農業参入の規制緩和を実施

2021/12/16

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

神戸市は、働きながらでも農業を行うことができる、農業に新規参入しやすい制度「神戸ネクストファーマー制度」を今年8月に新たに創設している。12月13日、神戸ネクストファーマーになるための農業研修を行う「認定研修機関」の初認定を行ったと発表した。
新規就農 半農半X 神戸ネクストファーマー制度 神戸市 移住全国でも問題になっているが、神戸の里山においても少子高齢化、耕作放棄地の増加などの課題が見えてきているという。。コロナ禍により、価値観の多様化が広がり、里山暮らしや農業への関心が高まっている中、農業の担い手を増やし、農村地域の移住促進が急務となっている。

しかし、農業に新規参入したくても規制が厳しく、簡単に参入できない現状があった。神戸市では平成27年から「神戸里山暮らし」の実現を目指し、規制緩和策と移住促進支援をパッケージにして、地域活性化に向けた施策を総合的に進めてきた。これまで4回にわたる開発許可の規制緩和によって、100件を超える移住や起業が実現されている。今回さらなる取り組みとして、農業にポイントを絞り、農業に新規参入しやすい「神戸ネクストファーマー制度」を設け、働きながらでも農業を行うことが可能となった。

■半農半Xが容易に!神戸ネクストファーマー制度とは?

これまで農業に参入するには、研修機関等で1年間(約1200時間)の農業研修に専念しなければならなかった。そのため、農家になるには仕事を辞めて研修を受講する必要があり、農業に興味を持っていてもハードルが高く、なかなか踏み出せないという声があり、同市としても対応を考慮していたという。

新規就農 半農半X 神戸ネクストファーマー制度 神戸市 移住

神戸ネクストファーマー制度のフロー図。

そこで研修を計100時間、12日程度と大幅に短くし、小規模な農地を借りることができる「神戸ネクストファーマー」制度を創設した。

希望者は同市が認定する農業学校で、農業に必要な知識や技術、農村での取り決めなどを座学と実習で習得し、研修終了後は100㎡~1,000㎡未満の小規模な農地で農業を始めることができる。

このような取り組みは全国でも珍しく、研修後に農地を取得し、2年間適正に管理すれば本格的な農業(1,000㎡以上の農地)に参入できるようになる。

神戸ネクストファーマー制度は新たな農業の担い手「半農半X」として、兼業でも参画できる程度の研修と農地規模をセットにした点が画期的なもの。農業に親しむ機会を広く設けることで、農村地域への移住を促進し、耕作放棄地の発生を防止し、将来の新規就農にもつなげていくものとしている。

8月の制度制定以来、認定研修機関の募集を開始していたがこのたび認定研修機関を初認定した。これで、研修修了生が農業を始めることができるようになる。それぞれ特色ある研修を実施しており、好きな機関を選んで受講することができる。受講を希望する場合は、それぞれの認定研修機関に問い合わせのこと。認定研修機関は以下の通り。

新規就農 半農半X 神戸ネクストファーマー制度 神戸市 移住●有限会社Lusie
研修名:マイクロファーマーズスクール
研修場所:北区淡河町
研修時期:9月もしくは3月~1年間(毎月2回×12か月間)
受入人数:合計15名
特徴:加工品づくり、EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKETでの野菜の販売体験のほか、研修拠点の古民家で里山暮らしも体験できる。
URL:https://eatlocalkobe.org/micro-farmers-school/

新規就農 半農半X 神戸ネクストファーマー制度 神戸市 移住●炭育ち 池上農園
研修名:循環型オーガニック野菜作り
研修場所:西区玉津町ほか
研修時期:半年間(毎月18時間×6か月)※随時受入可能
受入人数:上限3名
特徴:オーガニックコンテスト等で受賞歴がある有機JAS認定農家の下で、SDGsを意識した独自農法やレストラン等との契約栽培・出荷調整等についても学ぶことができる。
URL:https://ikegaminouen.com/

新規就農 半農半X 神戸ネクストファーマー制度 神戸市 移住●BIO CREATORS(ビオクリエイターズ)
研修名:有機農業研修
研修場所:西区玉津町、神出町東ほか
研修時期:1年間(毎月10時間×12か月間)※随時受入可能
受入人数:上限10名
特徴:CSA(Community Supported Agriculture/生産者への先払いによる定期お届け便)、新規就農OBを含むグループでフォローが可能
URL:https://biocreators.org/

新規就農したいが仕事を続けながらはじめてみたい、半農半Xという働き方をしたい等考えていた人は、神戸市の「神戸ネクストファーマー制度」の利用を考えてみては。なお、認定研修機関は随時募集しているとのことで、今後新たな研修機関が増えれば、さまざまな農業を学べる場が増え、就農希望者の選択肢も増えていくだろう。

神戸ネクストファーマー制度の創設について
神戸市