「チョクバイ!」が新聞販売店を通じて販売 実証実験をスタート

2020/10/14

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

博報堂DYメディアパートナーズは、農業者と生活者を結ぶプラットフォーム事業「チョクバイ!」で、ポスト・コロナ時代の生活者の購買行動の変化に応えて、地域経済を活性化するための“ローカル・コマース”実証実験を開始すると発表した。

(出典:博報堂DYメディアパートナーズ)

実験は読売情報開発と協働で進める。地域の新聞販売店が起点となり、同地域内の直売所・農園が企画した野菜セットを、同地域内の生活者の自宅まで定期配送する小商圏のローカル・コマースである農産物直売サポートサービス「チョクバイ!BOX」を共同で提供する。さまざまな事情で直売所へ来店できない地域の生活者に、読売新聞販売店を通じて販売・配送・集金することで、地産地消を促進するとしている。

(出典:博報堂DYメディアパートナーズ)

この取り組みでは、広告宣伝・顧客対応・集荷配送・集金決済まで運営事務局にてサポートするので、直売所・農園は、各直売所・農園ごとオリジナルの野菜セットを企画し、注文数に応じて準備するだけでサービスが開始できる。野菜セットの販売開始にあたり、注文数に応じて課金が発生するレベニューシェア型の成果報酬モデルのため、初期投資などの負担がない。

対象は農産物直売所・道の駅・市場・農園など。千葉県東葛地区の一部エリアから開始し、順次エリアを拡大する予定だ。

【参照】
「チョクバイ!」は、農産物直売所・観光農園・生産者など〝顔の見える取引〟に取り組む農業者と生活者をつなぐプラットフォーム。農業者は「チョクバイ!」を活用し、自分たちの農園や農作物情報を無料で発信することができる。生活者は身近な農家の直売情報をスマホやPCから入手できる。2018年9月にスタート、19年9月時点で提携する農産物直売所などは2500件以上。

チョクバイ!BOX
チョクバイ!
博報堂DYメディアパートナーズ