農総研×福岡ソノリク 物流・加工の一体型拠点

2021/03/03

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする
農総研 福岡ソノリク 農家の直売所 流通 神戸センター

5月1日操業開始予定の「神戸センター」外観。

全国の都市部を中心としたスーパーマーケットで「農家の直売所」を運営する農業総合研究所(以下農総研)と、農産物の運送業や倉庫業で西日本エリア最大手の福岡ソノリクは、物流センター機能の拡張と西日本エリアの農産物輸送網の効率化を目的に5月1日に、福岡ソノリク関西物流センター内に「神戸センター」を開設する。

両社は、農産物の仕入・販売網、物流事業に関するノウハウとその他の経営資源を相互に有効活用し、それぞれの企業価値の向上を目指し2020年10月に資本業務提携を締結。新たに開設する「神戸センター」は、福岡ソノリクが所有・管理する「関西物流センター」を活用し、西日本エリアを中心とした農総研の取扱農産物の保管、荷捌きと流通加工業務を行う。

センター機能の拡充により、これまで以上に多様な品目・形態の商品を受け入れることが可能となり、九州をはじめとする遠方産地からの供給増にも対応できる体制を整えるとともに、拠点間物流の強化(効率化)の促進を図り、拡大するスーパーからの農産物需要に対応する。

農総研 福岡ソノリク 農家の直売所 流通 神戸センターまた、福岡ソノリク独自の保管機能を備えたセンターを利用することで、貯蔵出荷に適した商品は、適切な保管と加工により付加価値を高めることが可能となり、農総研が特に成長ドライバーとして位置づけている「産直卸事業」の取扱規模拡大に貢献するとしている。

今後は、農総研の西日本エリアの集荷場からスーパーなど販売店の物流拠点への輸送業務を福岡ソノリクが一手に担う予定。輸送効率化と物流網拡充に伴い、同エリアでの産地開拓を進める。

農総研 福岡ソノリク 農家の直売所 流通 神戸センター

「神戸センター」内部の様子。

【神戸センター概要】
操業開始日:5月1日(予定)
センター場所:兵庫県神戸市灘区摩耶埠頭1番10 福岡ソノリク関西物流センター
取扱規模(コンテナ数量):日量約1万コンテナ(農総研の現行物流センター及び加工センターの取扱規模と比較して約2倍増)
取扱規模(加工数量):日量約10万パック(農総研の現行物流センター及び加工センターの取扱規模と比較して約1.5~2倍増)

【参照】
農家の直売所とは
「農家の直売所」とは、産地の農家と都会のスーパーマーケットを直接つなぐ農総研が行っている流通プラットフォーム。全国の集荷場に農家から直接持ち込まれる農産物を、原則翌日に提携スーパーの「農家の直売所」コーナーで販売するという流通事業だ。現在、全国約9,500名の生産者と都市部を中心とした約 1,700店舗の小売店をITでダイレクトに繋ぎ、情報・物流・決済のプラットフォームを構築することにより、これまでになかった新しい農産物流通システムを展開している。生産者のメリットは、自分の判断で規格や価格などを決められ、販路の拡大も含めて所得の向上が図れることだ。現在も新規生産者の募集は行われているので、興味のある方は条件等問い合わせてみては。

農業総合研究所
福岡ソノリク