CSF(豚熱)「非清浄国」に 清浄国再取得を目指す 農林水産省

2020/09/04

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

我が国は9月3日、家畜伝染病「豚熱(CSF)」について、感染が確認されていない国を指す「清浄国」ステータスの国際認定を失った。

農林水産省は9月1日、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱(ASF)防疫対策本部」を開催し、今後の対応を決めた。詳細は、農林水産省HPに掲載の「CSF・ASFをめぐる情勢と今後の対応~CSF発生から2年を受けて~」で見ることができる。

CSF 豚熱

(出典:農林水産省)

CSF(豚熱)は、2018年9月9日の岐阜県での発生以来、愛知県、三重県、福井県、埼玉県、長野県、山梨県、沖縄県の8県で計58事例発生し、これまでに約16.6万頭が殺処分された。

対策として、2019年9月24日にワクチン接種を決定し、10月15日に防疫指針を改定、10月25日からワクチン接種を開始した。

現状では、本州では2019年12月17日の愛知県での発生を最後に、また、沖縄県では2020年3月12日の発生を最後に新規発生はないが、引き続き警戒を呼び掛けている。感染したイノシシはいまだに見つかっており、範囲も17都府県と広い。豚へのワクチン接種推奨地域は8月に福島が加わり、25都府県となった。

我が国のCSF(豚熱)に係るステータスは、2007年4月から自己清浄化宣言し、2015年からOIE(国際獣疫事務局)が公式認定をしていた。アジアで唯一の清浄国であったが、2018年9月の国内での発生を受け一時停止(最長2年)となり、2020年9月3日より清浄国のステータスが消失した。

清浄国ステータス取得のメリットとしては、新たな輸出先(米国・EU)の開拓ができること、非清浄国からの輸入解禁要請に対して受け入れ拒否の根拠になることがあげられる。

日本産豚肉の輸出は近年、年間約2000トンで推移。現在の輸出先相手国、香港やシンガポールは、ワクチンを接種していない地域の豚に限定して受け入れを継続すると表明。しかし、米国や欧州連合(EU)をはじめ実績のない清浄国・地域への新規輸出はほぼ不可能になる。台湾など非清浄国からは対日輸出解禁の圧力が強まる恐れもある。

農林水産省は、①野生イノシシ対策、②感受性動物対策、③感染経路遮断対策、④水際対策など、感染防止策の徹底や国産のマーカーワクチンの開発などで、清浄国ステータスの再取得を目指すとしている。

※CSF(豚熱)
豚やイノシシがかかる家畜伝染病で、感染力が強く致死率が高い。人にはうつらず、感染した豚の肉を食べても人体に影響はない。アジアや南米で幅広く確認されている。日本では1920年代以降、全国的にまん延し、ワクチンを恒常的に使用していたが、2006年にワクチンを中止し、2007年からアジアで唯一の清浄国となった。中国などで猛威をふるう「アフリカ豚熱(ASF)」は別の病気。ASFは豚熱より感染力がさらに強く、有効なワクチンや治療法はないが、日本ではまだ確認されていない。

農林水産省 CSFについて
農林水産省 CSF・ASFをめぐる情勢と今後の対応 ~CSF発生から2年を受けて~