ファミリーマート70店舗に「マートステーション」設置 生産者の販路拡大に期待

2020/10/29

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

ファミリーマート新宿靖国通り店に設置された「マートステーション」。

クックパッドは10月29日、ファミリーマートと連携して、生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品受け取り場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を、東京・神奈川の「ファミリーマート」計70店に設置し、受け取りサービスの本格展開を開始する。ファミリーマートでは、各地の農家が育てた野菜や精肉店、鮮魚店などの専門店などの生鮮食品を気軽に受け取ることができるよう、10月初旬から、東京都・神奈川県のファミリーマート店舗に「マートステーション」を先行導入。利用者に好評だったことから、サービスの本格展開を開始することにした。

マートステーションは現在、東京都・神奈川県のコンビニ、ドラッグストアを中心に、約270か所に設置。

「マートステーション」はコンビニエンスストア以外にも、東京・神奈川のマンションやドラッグストアなど約270カ所に設置されている。

クックパッドマートは、生産者と消費者をつなぐ生鮮食品ECプラットフォーム。地域の生産者が販売する食材を、1品から送料無料で出荷当日に新鮮な状態で利用者に届ける仕組み。注文した商品はマートステーションに届けられ、利用者が好きな時間にピックアップすることが可能。

各地域に設置された共同集荷所へ近隣の生産者が商品を出荷、その日の夕方には各地のマートステーションまで配送されるため、地域の食材を高い鮮度を保ったまま届けることができる。提供地域ごとに独立した自立分散型の流通とすることで、その地域の生産者の食材を周辺の消費者へ販売、地産地消を推進していくことが可能だ。

また10月15日より、クックパッドが運営する料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」で買い物機能の提供が開始されており、料理に必要な買い物とレシピ検索が「クックパッド」アプリ内で完結し、レシピから数タップで料理に必要な食材を注文することが可能となっている。本機能は現在、iOS版クックパッドアプリにおいて、メールアドレスまたは電話番号を登録済み方のみ利用可能で、提供エリアは東京都・神奈川県の一部地域。

■小規模生産者も出店が可能 販路拡大が目指せる!

小規模生産者にとって、販路をどう開拓するかが成功するカギ。

クックパッドマートは、販売に関する条件はなく、また、費用無料で出店が可能で、商品が購入された場合の販売手数料のみ発生するので、少ない品目数や限られた販売日数・期間でも野菜直売所で販売を行うように手軽に出店できる。

共同集荷所が設置されているので、生産者は個々の注文者に配送する必要はない。共同集荷所の生鮮集荷ボックス「マートセルステーション」内にある専用の冷蔵庫に、梱包を行った商品を納入するだけ。

現在、クックパッドマートは、出店生産者を募集中だ。集荷エリアは東京都・神奈川県・千葉県の一部を対象としており、東京・神奈川・埼玉・千葉の生産者が対象となっているが、東京都、神奈川県以外からも出店ができるよう準備中とのこと。

クックパッドマートへの出店は、小規模生産者の販路の1つとして期待できるのではないだろうか。

出店に関する問い合わせはこちら

クックパッドマート
クックパッド