【貨客混載】JR九州 新幹線利用の荷物輸送を開始

2021/06/01

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

JR九州 貨客混載 はやっ!便 新幹線輸送 つばめマルシェ九州旅客鉄道(以下JR九州)は、九州新幹線(博多駅~鹿児島中央駅間)において、未活用スペース(旧車販準備室)を使用し、荷物を輸送する新サービス「はやっ!便」を開始した。

JR九州 貨客混載 はやっ!便 新幹線輸送 つばめマルシェ5月18日からスタートした「はやっ!便」は、博多駅~鹿児島中央駅の2駅間を催促2時間40分で結ぶ物流サービス。料金は、博多駅~鹿児島中央駅の2駅間を1つ900円~となり、荷物の受付・引渡は、駅の「みどりの窓口」で行う。

JR九州 貨客混載 はやっ!便 新幹線輸送 つばめマルシェ

輸送時間帯、受付・引渡時間。

サイズは上限が140サイズ(縦・横・高さの3辺の合計が140cm以内)で、重量の上限が1個につき10kg。1列車あたりの数量は15個(80サイズの場合)。温度環境は常温となるので、保冷対応が必要な場合は、荷主が保冷剤など畜冷材等で荷造りをする。

JR九州 貨客混載 はやっ!便 新幹線輸送 つばめマルシェ

JR九州では、利用イメージとして企業間の急ぎの書類の受け渡しや、機械部品、朝採れ野菜・鮮魚などの生鮮品等の運搬を想定している。

「はやっ!便」を上手に利用すれことで、運搬コストの削減やニーズの掘り起こしが狙えるかもしれないので、駅周辺の生産者は「はやっ!便」の利用方法を考えてみては。

【はやっ!便概要】
開始日:5月18日(火)~ 毎日
配送区間:JR九州博多駅⇔鹿児島中央駅の2駅間
利用料金:900円(税込)~/個
最大重量:10㎏まで/個
荷物の受付引渡窓口の場所・営業時間:
博多駅 みどりの窓口(在来線中央改札口横)/7:30~21:00
鹿児島中央駅 みどりの窓口/6:45~20:00

■はやっ!便を体感できるマルシェを不定期で開催

また、JR九州は「はやっ!便」の事業開始を記念して、新幹線輸送だからこそ体感できる「朝採れ」の野菜やフルーツなど新鮮な商品を提供する「つばめマルシェ」を不定期で開催。第2弾となる「博多駅編」は、朝収穫した今が旬の鹿児島産「スイートコーン」や「フルーツトマト」などを高速輸送し、数量限定で販売する。

「つばめマルシェ」は、当日届く旬の食材など逸品を集めて、1日数時間だけ、駅にオープンするマルシェで、生産者が育てる豊かな食材で、食べる人も作った人も元気になれるマルシェを目指す。開催時期は不定期で、「はやっ!便」のホームページや「つばめマルシェ」公式インスタグラムなどで告知する。

第一弾は、5月19日と20日に鹿児島中央駅にて福岡の朝採れフルーツなどを販売。第二弾は6月2日、3日に博多駅の在来線中央改札口前スペースで開催。両日とも15時30分から19時までで売り切れ次第終了。

JR九州 貨客混載 はやっ!便 新幹線輸送 つばめマルシェ

第二弾となる「つばめマルシェ@博多」で販売される予定の鹿児島県の生産物。

朝採れ野菜は「星粒コーン」、「フルーツトマト」の他、「オクラ」「ズッキーニ」。朝水揚げ鮮魚は「アオダイ」「キハダマグロ」「イサキ」。また、サラダにおすすめの「マイクロトマト」や「黒トマト」に、珍しい野菜として「アーティチョーク」も並ぶ予定。さらに、ワインに合う新鮮な「フレッシュチーズ(各種)」、デザートに「安納芋のプリン」南国フルーツ「パッションフルーツ」「パパイヤメロン」「マンゴー」などフルーツも数量限定で販売する。

今後も「つばめマルシェ」は不定期で開催される予定だ。告知は「はやっ!便」HPや「つばめマルシェ」公式インスタグラムなどで行う。

JR九州 はやっ!便
つばめマルシェ・公式インスタグラム
九州旅客鉄道