新品種最新情報 2020年12月11日

2020/12/11

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

リゾット等の調理用加工用米
越のリゾット(越南300号)

 

新品種 越のリゾット コメ

「越のリゾット(越南300号)」と「あきさかり」と比較したもの。

福井県農業試験場が開発したリゾット・パエリア等の主食用以外の新たな米需要に適した調理加工用米の新品種。特徴はアミロース含有率が高いことで、加熱しても粒がつぶれず、溶けにくいため、ほんのり芯の残ったアルデンテ感を保持できる。日本人に向く短粒種。農研機構で開発された「越のかおり」、福井県で開発された「あきさかり」との交配で開発。稲としては「あきさかり」の性質を受け継ぎ、草丈が低く倒れにくい。収量性は「あきさかり」と比較して95%程度。穂発芽性はやや難で、葉いもちおよび穂いもちへの抵抗性は中程度。千粒重と粒形は「あきさかり」と同程度。

新品種 越のリゾット コメ

リゾットにした場合の外観。上がカルナローリ、左が越のリゾット、右がコシヒカリ。

問い合わせ:福井県農業試験場企画・経営課☎0776-54-5100
【参照】福井のコメ新品種「越のリゾット」 リゾットに最適

高糖度の黄色と橙色のミディトマト
越の宝石(こしのじゅえりー)(福井1832号/福井1826号)

新品種 越の宝石 ミディトマト 福井県

越の宝石の房。写真左が黄色(福井1832号)、写真右が橙色(福井1826号)。

福井県で開発された「越のルビー」に続く、高糖度な黄色(福井1832号)と橙色(福井1826号)のミディトマトの新品種。黄色の果実は20~25g、糖度が9度前後とかなり高い。樹勢は、中~強で、小葉が小さい。橙色の果実は30~35g、糖度が7.5前後。樹勢が強く、節間が短い。どちらも半促成栽培に適している。高温に弱く春作向け。

問い合わせ:福井県農業試験場企画・経営課☎0776-54-5100

オレンジ色の肉色を持つ加工用サツマイモ
あかねみのり
ほしあかね

新品種 あかねみのり カンショ 農研機構

(写真左)「べにはるか」と「あかねみのり」のイモを比較。(写真/農研機構)
(写真右)「あかねみのり」チップに加工したもの。きれいなオレンジ色に仕上がる。(写真/農研機構)

加工用食品のサツマイモの多くは肉色が白~黄だが、消費者の嗜好の変化とともにカラフルな品種の需要が高まっている。そこで収量性がよく、加工に適したサツマイモとして開発された。「あかねみのり」はチップ等への加工用で、きれいなオレンジ色の良好な仕上がりになる。多収性でイモの形状が良く、当面は九州地域でのチップ加工用を中心に普及が期待される。「ほしあかね」は干しいも加工用で、淡いオレンジ色で透明感のある美しい仕上がりの干しいもが加工できる。食味やイモの形状も優れており、茨城県を中心とする干しいも生産地帯での普及が期待される。

新品種 ほしあかね カンショ 農研機構

(写真左)「ほしあかね」、「べにはるか」、「ヒタチレッド」のイモを比較したもの。(写真/農研機構)
(写真右)干しいもに仕上げた写真。「べにはるか」と比べ、「ほしあかね」は淡いオレンジ色で透明感のある美しい仕上がり。(写真/農研機構)

問い合わせ:農研機構 次世代作物開発研究センター☎029-838-8942
プレスリリースはこちら

晩抽性と耐暑性を兼ね備えたダイコン
豊誉(とよほまれ)

新品種 豊誉 ダイコン みかど協和従来難しいとされた「晩抽性」と「耐暑性」の両方を併せ持つダイコンの新品種。高温による内部変色が発生しにくい。高品質で播種幅が幅広く、さまざまな作型で栽培が可能だ。揃い性に優れ、気温や気候による根長の変動が少ない。光沢のある純白の肌と首色のコントラストが美しい。肉質は緻密で瑞々しく食味に優れる。イオウ病、そうか病、根腐病、モザイク病、ピシウム腐敗病、ひげ根黒変症の発生が少ない。

問い合わせ:みかど協和
国内カスタマーサービス部☎043-311-6100

 

青果用と加工・業務用需要の両方に対応するキャベツ
がいな

新品種 がいな キャベツ サカタのタネ温度上昇期形状安定性、肥大性、在圃性に優れた営利生産者向けキャベツの新品種。キャベツは箱詰めや機械加工のため偏円形が好まれる傾向にあるが、収穫期が温度上昇期の場合は形状が丸くなりやすい性質がある。「がいな」は同時期でも安定して偏円形の青果を収穫できる品種で、肥大性があり割れにくく、玉がしっかりと締まりながら肥大するため、青果用に向くLサイズから加工・業務用に向く2~3Lサイズまで、用途に応じて幅広く収穫できる。草勢が強いため、水田の裏作など、大きくなりにくい条件でも十分に肥大する。さらに、肉質がしっかりしていて千切り加工をした際などに水が出にくい特長も持つ。全国のJA、種苗店を通じて2021年1月上旬から発売予定。

問い合わせ:サカタのタネ
野菜統括部☎045-945-8802

鮮やかな果色が長持ちする 収量性・収穫作業性にも優れたオクラ
ずーっとみどり

新品種 ずーっとみどり オクラ サカタのタネオクラは鮮やかな緑色が評価基準の1つだが、収穫から時間が経過すると退色し見た目、食味が劣化してしまうが、「ずーっとみどり」は、従来品種と比べて退色が遅く、特長である濃緑の青果を長く維持することができる。加えてイボ果の発生が少なく、少し太めの形状で曲がりが少ないため、秀品率が高く、高品質な青果が生産できる。また、早生で節間が詰まる品種のため従来品種と比べて草丈が低く、収穫作業に優れ、収量が増えるといった特長がある。葉は小さく、密植も可能だ。昨今の猛暑による野菜の生育不要が問題となっている中で、オクラは高い気温でも旺盛に生育する品目で注目を集めている。2021年1月上旬から発売予定。「実咲」シリーズでも取り扱い。

問い合わせ:サカタのタネ
直売部通信販売課☎0570-00-8716(ナビダイヤル)
「サカタのタネ オンラインショップ」での購入はこちら

着果性に優れたラグビーボール型のカボチャの新品種
スイートタックル

新品種 スイートタックル カボチャ サカタのタネ草勢が強いため育てやすく、着果性に優れている。また、収穫後早い段階で甘みが出やすい。調理した際の果肉はホクホクした栗のような食感で甘みが強い。ラグビーボール型の長い果実は、直売所などで販売した場合もその形で認知されやすく、リピーターの獲得にもつながりやすい。サカタのタネ オンラインショップ、サカタのタネ ガーデンセンター横浜での限定販売。

問い合わせ:サカタのタネ
直売部通信販売課☎0570-00-8716(ナビダイヤル)
「サカタのタネ オンラインショップ」での購入はこちら

 

■サカタのタネ「実咲®」シリーズ2021年春の新商品

新品種 実咲シリーズ サカタのタネサカタのタネは、草花・野菜・ハーブ類統一絵袋ブランド「実咲®」シリーズの2021年初の新商品7品種を発売した。花のジニア「プロフュージョン キュートミックス」を除く6品種を紹介する。

「アイコ」シリーズに茶色のミニトマトが登場
チョコアイコ

新品種 チョコアイコ ミニトマト サカタのタネミニトマト「チョコアイコ」は、甘みが強くフルーツ感覚で食べられるプラム形ミニトマト「アイコ」シリーズの新品種。極早生種。平均果重は、10~15gで大きくなり過ぎず、果肉が厚くてゼリーが少ないのが特長。

問い合わせ:サカタのタネ
直売部通信販売課☎0570-00-8716(ナビダイヤル)
「サカタのタネ オンラインショップ」での購入はこちら

 

 

根張りがよく倒れにくい 大きく育つトウモロコシ
倒れにくい大きいハニーバンタム® ハニーバンタムビッグ新品種 ハニーバンタムビッグ トウモロコシ サカタのタネ

平均穂重約450gと大きな実が収穫できるトウモロコシ。大きいだけでなく、風味豊かで焼きトウモロコシに向く。根張りがよく、強風などによる倒伏にも強い。播種期は温暖地で4月~6月上旬、寒冷地で5月中旬~6月。

問い合わせ:サカタのタネ
直売部通信販売課☎0570-00-8716(ナビダイヤル)
「サカタのタネ オンラインショップ」での購入はこちら

 

うどんこ病に強いズッキーニ2品種
うどんこ強いブラックズッキーニ ダークヤングマン
うどんこ強いエメラルドズッキーニ オリーブヤングマン

新品種 ズッキーニ サカタのタネ ダークヤングマン オリーブヤングマン

(写真左)うどんこ強いブラックズッキーニ ダークヤングマン
(写真右)うどんこ強いエメラルドズッキーニ オリーブヤングマン

うどんこ病に強いズッキーニ、黒緑色がダークヤングマン、淡緑色がオリーブヤングマン。つるが伸びず省スペースで育てやすい。平均果は約150g。播種期は温暖地で育苗の場合は3月~4月、直播の場合は4月下旬~5月、寒冷地では育苗で4月中旬~6月上旬。

問い合わせ:サカタのタネ
直売部通信販売課☎0570-00-8716(ナビダイヤル)
「サカタのタネ オンラインショップ」での購入はこちら

白ゴーヤ
苦み少ないサラダ白ゴーヤ マイルドホワイト

サカタのタネ 苦み少ないサラダ白ゴーヤ マイルドホワイト 白ゴーヤ サカタのタネマイルドで苦みが少ない白いゴーヤ。苦みが少ないので、サラダなど生食にも適する。白さが直売所などでひときわ目立つ。生育は旺盛で適度に実がなる。播種期は寒地・寒冷地で育苗の場合は4月中旬~5月中旬、直播の場合は5月中旬~6月中旬、温暖地で育苗の場合は4月~5月中旬、直播の場合は5月~6月上旬、暖地で育苗の場合は3月中旬~4月、直播の場合は4月中旬~6月中旬。

問い合わせ:サカタのタネ
直売部通信販売課☎0570-00-8716(ナビダイヤル)
「サカタのタネ オンラインショップ」での購入はこちら